スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスから飛んで来たMTB(本章)

と言う訳で、3/24の夜にポチッとしてしまった「DUSTER XT 2009」であるが、4/2に

ついに来ましたっ!いえ~~い!

発注してから9日で、イギリスから完成車が届いたのだ。早い!
Wiggleは発送にEMSを利用しており、EMSは日本では日本郵便が管轄している。
この位の価格の物だと関税とかどうなのかな?と思っていたが、¥4000の消費税だけで済んだ。
私の仕事は輸入関係なのだが、EMSは送料自体は他社に比べてそれ程安くは無いが、
関税等の税関員チェックが甘いのである。ラッキーだ。

話は飛ぶが、通関作業なんてものは大変いい加減で、その税関員の恣意的な部分が多い。
私が何回かに分けて輸入した、全く同じ内容の商品にも関わらず、毎回関税が異なる場合も多い。

2p.jpg
大き目のカートン×2Pで到着!

1つのカートンはホイールのみが入っている。他は全部まとめてもうひとつのカートンに入っている。
組み立て調整された物をばらして送ったのだろう。ワイヤー類も全てセッティング済みである。
こちらがやる作業は、
1、ハンドルの取り付け(ステム、ワイヤー類は既にセッティング済み)
2、リアディレイラーの取り付け(ワイヤーはセッティング済みであったが、本体は装着されていない状態)
3、ホイールの取り付け
と、3点だけである。

padal.jpg
付属品等

付属品のペダルにはクランクブラザーズCANDY Cが付いている。これだって買えば1万近くはする。
併せてフラットペダルや、しっかりとしたペダルレンチもおまけである。すげ~良心的。

実は、リアエンドにシャフト軸がうまく入らない、というアクシデントが発生したが、
内径をヤスリで削って対処した。ただ、この部分には何か釈然としないものはある。

kansei.jpg
完成図。かっこいい~~~^^

組み立てた感想だが、親バカの極みで何ですが、とにかくかっこいい^^
フレームが流行のアルミでは無く、クロモリ(タンゲプレステージ)で細身です。
ファットにも別な魅力もありますが、やはり伴侶はスリムがいいでしょ!w
ただ、重量は約12kgでMTBとしてはまぁまぁだがもう少し軽くしたいところ。
まぁ、鉄フレームではここら辺が限界か?
いい所づくめだが、唯一欠点は「色」かな。なんとも地味なのだ。
「黒」ならそれなりにインパクトもあるが、こいつは「限りなく黒に近いグレー」なのだ。
派手好きなヨーロッパ人の市場でこいつが売れ残ったのは、多分ここが原因かも知れない。

誠に嫌らしいのだが、部品の価格を調べてみた。
SNSメンバーのワニガメさん調査で、フレーム+フォーク(加工料込み)で¥155,000!
その他主な部品をタキザワのカタログで調べたら¥170,000以上!
細かな部品代を入れていない状態で既に¥325,000なのだ!!!
これが、消費税込みで約¥130,000!色が地味だとか言っている場合ではないw

一般的日本人適応サイズはSかMだが、2週間前残台数がSが8台、Mが10+であった。
現時点、Sは売り切れ。Mは何台あったか判らないが現在の残は6台!

迷っているあなた!!

売り切れちゃうよ!w


先日、ちょっと近所を走って来た感想。
1、舗装路ではロードと比べて走行感が重い^^
まぁ、これはしょうがない。とんでもない太いブロックパターンタイヤを履いてるし、元々用途が違うのだ
2、やたらと引きが軽く、にゅわ~~と効く油圧ディスクブレーキがすごい!
強く引くとホイールロックする位効く。引きのイメージがワイヤーブレーキと異次元

まだ近所しか走ってないが、試しに裏の神社にある30度位ある土の坂を上ったらちゃんと登れた^^
なんだか、すごく楽しいぞ!!ww

IMGP2573.jpg
怪訝な目で見る花見客を尻目に、航空公園の芝生の坂を走り回るw

さぁ、これから活動範囲をもっともっと拡げようっと!!




イギリスから飛んで来たMTB(序章)

年末にひょんな事から近くの自転車屋でシクロクロスというジャンルの自転車を購入した。
30年ぶりに乗るFD付きの自転車である。

その時は買う気など全く無く、冷やかしで行ったのだが、店のおやじが40歳代の人で、
昔、輪行で峠とかやってた、なんて話で盛り上がり、気が付いたら購入していたと言う次第><
車種はスペシャライズドのTCトリプル。どこにでも行けそうなオールマイティな佇まいと、
約3割引き(2009モデルだが)で格安だったのも衝動買いの理由。
ただ、本当に衝動買いで、自分が何をやりたいのか?どういう活動をしたいのか?等何も考えてなかった;;
まぁ、これが自転車再開のきっかけになった訳であるのだが・・・・。

その後、古くからの自転車知人のひととせ師匠と連絡をする内に、今の主流はロードバイクだと言う。
それではと、23Cのホイールを購入し(購入した自転車には32Cが付いていた)、その時々で
ホイールを取替えながら近所をちんたらと走っていたのだ。

しかし、いちいちホイールを取替え、その度に、マッドガードを付けたりはずしたり、ブレ-キ調整をしたり、
という作業が面倒になり(リム幅が微妙に異なり調整が必要なのだ)、酔った勢いでヤオフクで落札した
ロード部品も約1台分となり、例の自転車屋に「何か安いロード用のフレームあったら見つけてよ」
と頼んでいた所、ノンブランドのクロモリフレームがデッドストックにある、という事で
これまた格安だったので購入。いつの間にやらしょぼいロードバイクが1台増えてしまった><

R0011638.jpg
K田1号機(TCトリプル改)
・本所マッドガード装着(分割工作の際、余計な所に穴を開けてしまいボルトでごまかすw)
・効きが悪かったカンチブレーキをシマノカンチへ
・かっこ悪かったチェーンホイールをスギノRD-600Tへ
・すぐおしりが痛くなるサドルをブルックスB-17SPへ
・サドルバックサポーター装着と、見た目を考慮してピラーを日東アルミへ(デフォはカーボン)
・フレームサイズが大きく、ハンドルが遠かったのでステムを80mmへ(角度可変機能付き)←へたれの極みw
・MTB並みの11-34のスプロケを11-25へ(あくまで見た目の問題w)

安直極まりない改造だが、この自転車の私にとっての位置付けは「ランドナー」なのである^^
見る人が見れば「こんなのランドナーじゃねえよ!」と言うだろうが、私が「ランドナー」だと
言っているのだからもうこれは絶対に「ランドナー」なのであ~る!!(^Д^)

R0011639.jpg
K田2号機(クロモリ自作ロード)
・フレームは丹下NO2
・ブレーキ、レバー、チェンリング(トリプル)関係は105
・チェンジ関係はティアグラ
・ホイールは最安のR500;;

当初、ハンドルはTCの31.8Фを流用しようとスケベ根性を出し、ステムをなんちゃってアヘッドにしたが、
如何せん見た目が悪く、日東ノーマルタイプにした。
しかし、何でスレッドステムにハンドル径31.8Фが無いのだ!( `д´)
ヤオフクで落とした旧105トリプルのアウターは52であるが、これを踏み込む脚力は私に無く、
今の所下り坂専用、そしてチェ-ンガードとして活躍しているw
まぁ、必要最低限の部品で組んだ物だし、重量も10.5kgもあるので、自転車貯金を始めて
1年後にはカーボンとか欲しいな~、なんて^^

さて、いよいよ本題であるw
1ヶ月程前に狭山湖周辺のダートを1号機で走ってみた。やはり32Cとは言え、荒れた場面では苦労し、
ヘロヘロと走っていると、対面から砂利を蹴飛ばしながら、すごい勢いで下ってくるかっこいいMTB!
やはりこういう場面ではMTBなんだなぁ、と。

私自身、実はまったり自然派である。あまり都会やアスファルトには興味が無い。
20代~30代はバイクに乗っていたが、当初少しオンロードにも乗ったが、あまり面白くなく、
結局オフロードバイクに乗り換え、ダートの林道ばかり走っていた。山歩きも好きで、あちこち出掛けた。
休日に六本木とか渋谷に行きたい、等と考える人達の思考が理解出来ない、と言う偏屈な人間なのだ。

自転車も最近はロードに乗る事が多いが、これは私にとって肉体的鍛錬の意味が強いかな。
しかしロードバイクで走っていて、どうしても怖く、慣れないのは自動車との併走である。
オートバイに乗っていた時に脇見運転(信号無視)の自動車に一方的に接触され、足首を複雑骨折した、
というトラウマもあるのかも知れない。
勢い、車が少ない小道を探して走り、当然スピードは出ないのでロードの必要性は薄れる。
そして、一番重要なやりたい事は何か!と言うのを突き詰めると、自動車が居ない自然の中で遊ぶ事なのだ。
そうなると、次に購入する物はカーボンロードでは無く、MTBである、という短絡的な結論w

しかし、MTBなんて30年前は存在すら無かったし、全く知識も無い。
そこで、最近参加させてもらったSNS「FINALLOW」の「MTBコミュニティ」で相談させてもらった。
色々な方から意見を頂いたが、集約するとただ1点にw

「WiggleでDUSTER XT 2009を買うべし!」 

要点は、こうだ。内容もいいしとにかく異常に安い!
フレーム、フォークだけを日本で買うと約16万。それにシマノのMTB用セカンドグレードパーツの「XT仕様」付き。
これを全部日本で組むと絶対に30万は越える。ところが、Wiggleで今買うと配送料等を含めても約13万円!!
何やらにわかに信じられない話だが、多分2009年モデルの在庫が余って投げ売りしているのだろう。
メンバー員のお一人カツさんがすでに購入されていて、実績もある。
これは行くしかないでしょ!という事で、少し予算オーバーだが3/24にポチッとしてしまった^^

相談してから、購入決定まで20時間w
これは早いのか?遅いのか?って、異常に早いよねw

(続く)

シラスオフ

昨日は、ひととせさん所属クラブの「シラスオフ」に飛び入り参加して来た。

集合は町田。ここから江ノ島まで走り、生シラスを堪能し、鎌倉見学して戻る、と言う予定。
ただ、町田~鎌倉往復で約100km。自宅から町田往復で約100km。合計200km。はっきり言って無理w
特に私は、生まれてからずっと練馬~所沢辺りをうろうろしている関係で、中央線より南側は道がよく判らない。

そこで輪行である。
昔はランドナーで輪行をやっていたが、30年ぶりである。
ロードはヘッドを抜かない輪行が主流であり、オーストリッチのHPで予習をする。
R0011600.jpg
マッドガードは無いし、ヘッドも抜かないので簡単

西国分寺~八王子経由で町田に向かう。府中本町~登戸~町田、と言う選択肢もあるが、
各乗り換えではえらく歩くので全JRを選択。
時間も早かったので、町田の一つ前の駅「古淵」で下車し、走行確認しながら町田に向かう。

お~~いるいる。おじさんばかり12人w
いや、お一人すごくきれいな女性も。彼女は中野から自走だと言う、すごいなぁ^^
さて、メンバーの中に懐かしい顔が!なんと「ジークフリート」さんではないか!
彼とは30年以上前にひととせさんと何回か走った仲だ。
二人の孫のおじいちゃんとは思えない若さでした^^これからもよろしく!

境川沿いのサイクリングロードを南下します。
しかし、滅茶苦茶寒い!!天気予想ではお花見日和、という事で薄着で来たが、ウインドブレーカーを着たままだ。
もう4月だぞ。本当に今年の気候は変だ。
R0011603.jpg
途中、桜トンネルで休憩

途中「飯田牧場」に寄る。アイスクリームが美味しいらしく、ほとんどの方がチャレンジしていたが
私は体が冷えてしまっていて、カフェオレを頂く。でもぬるかった><
R0011606.jpg
夏に再訪したい「飯田牧場」

その後、江ノ島近くのシラス問屋に到着するが、なんと!本年度は不漁で、まだしらす自体が水揚げされてない、と言う。
生シラスは勿論、水揚げ自体が無いので釜揚げシラス等も無い。
メンバー員の方が他の店にも電話確認したが、結果は同じ。ちょっと、落胆><
とりあえず昼飯でも、という事で観光客で混雑する(って我々も観光客だが^^)江ノ島駅から
江ノ島大橋へ続く商店街にある「紀伊国屋旅館」の女将に誘われ、お邪魔する。

ここでは何故かシラス料理があり、私は「あじ・シラス丼」をオーダーする。
ん?シラスの水揚げが無かったんじゃないのか?まぁ細かい事は考えないw
R0011613.jpgR0011608.jpg
かき混ぜてから写真を撮って無い事に気が付きあわてて撮る。デフォルトはぐちゃぐちゃではありませんw

その後、江ノ島に渡り記念撮影をし、「鎌倉班」と「そのまま帰る班」に別れ解散。
天気が怪しく、私は当然「そのまま帰る班」w
R0011619.jpg
13台並ぶと壮観です

帰りは来た道を戻りますが、向かい風なのできつい。
と言うか、何故か今回は足が重いような気がしたのだが、途中でチェーンがキシキシ言うので気が付いた。
実は昨夜気合を入れてチェ-ン洗浄をしてピカピカにし、オイルは翌朝注せばいいや、と思っていたのだが、
バタバタして忘れてしまったのだ><自転車には悪いが、足には負荷が掛かったかなw

町田まで戻り、自走するひととせさん達を見送り、再び電車に乗り込む。

生シラスを食べられなかったのはちと残念でしたが、30年ぶりの輪行も特に問題なく出来たし、
今後は再び輪行を活用して活動範囲を拡げようかな、と思っています。

お付き合いいただいたみなさん、ありがとうございましたm<_ _>m

初日!!!

何が初日って・・・それは・・・

「禁煙」

なのであります。

それはもう今まで数十回誓った苦行でもあります。
半年続いた事もあり、2時間でめげた事もあり・・・(これは禁煙って言わないだろ><)

今までの禁煙の動機も色々とありますが、

まずは「健康のため」。
苦しくなると内なる悪魔が「そんなに我慢して長生きしてどうするよ!」と言い出し挫折><

次は「お金がもったいない」。
今度は悪魔が「1日¥300ケチってどうするんだよ!」と言い出し挫折><

しか~し、今回は明快な理由があるのだ!!
30年ぶりに始めた自転車だが、坂道では苦しくて苦しくて休まないと登れないのだ。
18歳の時から35年間あまり習慣となっている「ヘビーな喫煙」がそのマイナス要因であるのは明らかだ。
少しでも楽に自転車に乗りたい!と・・・。
素晴らしく明快な理由である。

4月1日から、と決めていたが、実は昨日からやってみた。
朝、残っていた煙草をゴミ箱に棄て、夜まで我慢した。
しか~し、夜、酒を飲んだらダメだった(涙)
我慢出来ずに、ゴミ箱からヨレヨレになった煙草を拾い上げ3本吸った><
「計画は明日からだ!今日はいいだろう!」またも悪魔の声。

今日は、酒もやめた。酒を飲むとまたしても決意が引っ繰り返ると思ったのだ。
今の所、我慢できている。しかしとてもつらい!
酒を飲んだ状態では、やばかっただろう。
しかし、ずっと酒を飲まない訳にもいかない。つらい!本当に苦行だ><

先日、サイクリングにご一緒した「サトシさん」は1年半前に禁煙したと言う。
ただ、そこでショッキングな話を聞いた。未だに煙草を吸う夢を見る、と言うのだ。
サトシさんが禁煙したのは1ヶ月半前では無い。1年半前なのだ!

煙草と言うのは本当に罪な物である。はっきり言って麻薬と同じ耐性があると言う。
一説にはマリファナよりも習慣性はきついようだ。

あ~~もうこんな弱音を書いている俺。

禁煙できるのかな?(涙)
プロフィール

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。