スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTB・恐怖のシングルトラックDH

3ヶ月前にMTBを買ったのはいいが、乗ったのは雪の某林道を押したのと、
狭山湖周辺を少し走っただけ、と言う誠に情けない状況である。

そこで本日は、MTBの調整をお願いし、ロードバイクを購入した清瀬の「ルート610」さんが
主催する「MTBライド巾着田」に参加して来た。
MTB初心者向きだと言うし、時間も午前で切り上げなので、お気楽イベントだと思ったのだ。

実はMTBに乗って気が付いたのだが、この自転車はロードバイクより遥かに使用用途が限られる。
まず、舗装路をMTBで走っても基本的に全く面白くない。結果として、MTBが本領を発揮出来る場所が
周辺にはあまり無いのである。MTB向きのコースを教えて貰おう!と言うのも目的だ。

「ルート610」は、ほとんどの日曜日にこのような様々なイベントを行っている。
店主は自転車の面白さをみんなに伝えたい、という大義名分を持って実施しているのだが、
隠れた本音は「俺だってみんなと走りたいたいんだよ~~」という部分もちょっぴりあるらしいw
結果、日曜日の開店は遅くなり、ロングライドの時は閉店しちゃったりするw
いいよ~いいよ~、俺はこういう人は大好きだ!w

巾着田7時半集合なので、6時起床でいいのだが、4時に目が覚めるとすごい雨><
この時点では中止だな、と思い2度寝をして起きると、雨はほとんど止んでいる。
ショップのHPにも中止の告知が無かったので、とりあえずダスターを車に積んで出発。

時間があったので、先に有料駐車場に入れてしまったが大失敗><
そばに無料の駐車場があったのだ(涙)
R0011994.jpg
雨模様だったので、車がいない巾着田有料駐車場w

集合場所に行くと本日のメンバーは、店主、店主の弟さん、常連のAさん、私、と言う4人。
実は、ほとんどの方が雨模様の天気だったので不参加となったようだ。
ところが、こういう時に限って雨が上がるものなのだw

ただ、他の20~30代の3人が何だかすごく熟練者の雰囲気を醸し出していて、
MTB初心者へたれおやじの私はどこに連れて行かれるのだろうか?とビクビクなのである

299号を正丸方面に向かって走り出す。
ところで、店主の弟さんだが、段差や水溜りをジャンプして超えたり、ウイリーをしながら
ず~っと走ったりしていて、えらく運動神経のいい人だなぁと見ていたら、
現在はスポーツインストイラクターで、なんと!以前はダウンヒル競技で全日本で転戦してたと言う。

なに~~!それってホンマもんのプロじゃん!

武蔵横手駅前から「林道関ノ入線」に入る。途中から急勾配となり、最近の乱れた生活もあり
ゼーゼーとなり足付きをする。何故かみなさんも途中から押したりしてるので、便乗して押すw

話は違うが生活の乱れはサッカーワールドカップが原因だ。
夕飯を食う→深夜からサッカーを見る→手持ちぶたさなので酒を飲む→つまみも食う→煙草も吸う、
と言う具合で、3ヶ月間で5キロ減量したのに2週間で3キロリバウンドしてしまったorz

R0011997.jpg
湿度も高く、汗だくで北向地蔵に到着

北向地蔵からは本番の下りダートコースである。ダートコースと言うか、普通の登山道w
とにかく、みなさんの下りでのスピードが尋常ではない><
特に店主兄弟のスピードは、多分私の3倍位出ていると思う。雨で濡れた根っこだらけの細い急坂を
それはもうかっ飛んで行くのだ。ほとんど私には曲芸の世界である。
第一線を退いたとは言え、やはりプロの世界は別物なのだ。
私は怖くて怖くておっかなびっくり下り、急坂では足を付いて安全策を取るが、それでも雨で濡れた
根っこでタイヤが滑り、1回こけた。

R0011998.jpg
曲芸士のようなMTBエキスパート3人

MTBダウンヒルのタイムアップは、多分私には難しいだろう><
多少の技術的な進歩はあるかも知れないが、筋力やら心肺能力の強化とは別次元の話なのだ。
どちらかと言うと、バランス感覚や、恐怖心を取り除く能力が求められる。
おじさんには敷居が高い命題だ。

とにかく、山を下りデポ地に無事到着。
MTBダウンヒルの印象は、今までのロードツーリングでの「きつい」「疲れた」では無く、
「怖い」であった。
でもまた参加しようかな。人間って「怖いもの見たさ」って悪魔を心の中に持ってるからねw
お付き合いいただいたみなさん、ありがとうございましたm(_ _)m

R0011995.jpg

スポンサーサイト

20年ぶりにハイキングシューズ購入

ひととせ師匠に誘われて10年ぶりにハイキングも再開した。
今まで2回参加したが、問題はシューズなのである。

20年前に購入した「ザンバラン フジヤマ」であるが、5月に行った大岳山では指先が痛くて、
本当に泣きたくなるほどつらかった
実は、右小指は爪の内部が内出血して、未だに痕跡が残っている。
その時のブログで、おふざけで体が太ると足も太るのか?なんて書いたのだが、なんと!本当だったようだ。

先日、会社帰りにフラフラと池袋の好日山荘へ。
大変印象がいい同年輩の店員と雑談している中で、靴の悩みを相談してみた。
この時は、どうにかして今の靴を再生出来ないか?と考えていたのだ。
しかし、「10年間手入れしないで放置していると、特に革靴は水分が抜けて収縮する」との事。
う~~ん、やはりそうなのか・・・。

R0011990.jpg
20年前に購入した「ザンバランフジヤマ」。インナーも全部革製の骨董品

そして、「購入した20年前と体重が変わりませんか?」と・・・。
え~~~!なんと!そう来たか!実は20年前とは10数キロ体重増なのであるorz
帰ってきた答え。「体重がそれだけ増えると、足の形も相当変化しますよ」と。

やはり、そう言う事なのかよ~~!

現在は靴下を履いて全く遊びが無い状態だ、と伝えると「それはもう拷問の世界ですね」と・・・。
さらに、ザンバランフジマヤ自体が比較的スリム(普通の足型)な造りらしい。

ここで靴の再生は泣く泣く諦める事にする。
足型を特殊器具で調べてもらうと、私の足はそれ程甲高では無いものの、えらく幅広らしい。
幅広3E+の物で、それ程高価でない靴を見せてもらう。候補は

・シリオ301
・キャラバンGK68
・シリオ421

この3種類だが上から¥5000づつ高価になるのだ。
何回も履き直して装着感を調べるが、これまた面白い事に、素人の私でも判る位に「硬さ」が違うのだ。
自転車で言うと「剛性感」かも知れない。ここまで価格で色々と違うと本当に判りやすい。
一番安いシリオ301でもいいかと思ったが、どうもソールの柔らかさがイマイチ気になった。
逆に421は全体に硬すぎてハイキング用とは違う気がした。

R0011993.jpg
今回購入した「キャラバンGK68」。剛性感が絶妙

20年ぶりの購入なので仕方ないとは思うが、これ以上体重が増えてこの靴がきつくなるような事態は
絶対に避けなくてはなりませんです

さぁ!山もいくぞ~~!



勝負用ジャージw

悪しきはNET通販である!
最近、銀行残高がどんどん減ると思ったら、これが原因である><
酒でも飲みながら眺めていると、もう最悪だ;;
気が大きくなって「え~~い、行ったれ!」みたいな事になるorz

という事で、最近のポチ商品、半袖ジャージ。
R0011989.jpg
ウィザード トライカラー7 バイカーズ・ジャージ

はっきり言って、ジャージメーカーとしては超激安メーカーのウィザード製であるが、
注目すべきはカラーリングデザイン!

kharma.jpg

まるで「KUOTA」のためにデザインされたようなジャージではないか!w
これを着て道端に佇んでいると、きっと速い人に見られるかも^^
(走っている所は見ないでね!の世界だがw)

という事で、勝負用ジャージは来たが、どういう場面で着ればいいのか思案中なのである・・・orz





新車初ラン・坂道てんこ盛り

昨日は、KUOTA KHARMAの本格的な初出走。
前の自転車との対比の意味でも、今まで走った所を中心に奥武蔵のお山てんこ盛りルート。
予定ルートは、東峠~林道平沼飛村線~竹寺~林道原市場名栗線~有間ダム周回~小沢峠。
同行者は共に小・中学校の同級生であるひととせ師匠とヴィオロンさん。
彼らとは小学校5年の時に、クラスメートとなってからの付き合いなのでもう43年位か?

集合場所は、駿河台大学下セブン。この日は近くの岩沢運動公園まで車で行く事にした。
右膝に何となく違和感があったのも一因だが、実は大きな理由が他にある。
3ヶ月前から自転車に乗り始めて、楽しい事ばかりなのだが、1点どうしても
我慢ならない部分がある事に気が付いた。それは「自動車との併走」だ。
特に渋滞時や狭い道での排気ガスを吸いながらの自動車との併走は、怖いし全く楽しくない。
個人的な感覚では「16号バイパスor八高線」の内側の道路はあまり走りたくないのだ。

前にも書いたが、バイクに乗っている時に、相手の100%不注意で大怪我をしたのだが、
やはり大きなトラウマになっているのかも知れない。
この時の接触部分はほんの2~3cm位だったが、4輪と2輪の接触では2輪の方が
遥かに危険リスクが大きい。
集合場所までは自宅から20キロ程度だが、楽しくない場所を走って無理に距離を延ばす、
と言うようなストイックな趣味も無いし、特に自宅がある所沢周辺の道路事情は最悪なのである。

私の車はショボイ軽自動車だが助手席を前に倒せば、何とか後輪をはずさなくても1台は積める。
やはり歳も歳だし、趣味は楽しくやらなくちゃ!と言うのが私のポリシー。

飯能を通過し、まずは東峠に向かう。ちょっと走行期間が開いてしまったので、当然キツイ。
ただ、やはり登りでは軽さを感じる、特にダンシング時に自転車がヨレずにすごく走りやすい。
よく雑誌で「剛性感」とか書いてあるが、これなのかな?
1回足付きをしたが、SPD-SLペダルは急坂で止まると再スタートがとても難しく感じた。
R0011971.jpg
東峠にて。左から「ノンブランド超高級炭バイク」「KUOTA KHARMA」「電動デュラBMC」

林道平沼飛村線ではホイールを師匠のカンパのシャマルと交換してみる。
まず、交換時に手で持った重量感があまりに違って驚く。
たかだか350gしか違いが無いのだが、重量比20%減なのだ。
現在72キロもある私が、いきなり57キロに減量した感覚か?
走ってみると、これまた踏み込みがやたらと軽い!同じ力で踏んでもどんどん前に進む感触。
下りもスゥ~~と滑るように走る。乗り心地もいい。(これは師匠曰くタイヤのせいかも)
カラーリングもKUOTAとばっちり合っていてカッコいい!
このままばっくれて反対側に走り去ろうと思ったが、思い留まる
R0011972.jpg
KUOTA KHARMA+カンパシャマル2。何だかえらくカッコいいぞ!!

R0011977.jpg
気持ちのいい林道をグリグリ登ります

子の権現との分岐を過ぎて竹寺に向かう。
ラスト500mの標識からは15%超のえらくキツイ坂だが、なんとかもがいて登りきる。
ただ、こういう激坂になるとやはり私の貧脚では、リアスプロケに27か28が無いと
シッティングオンリーだときついなぁ。
R0011982.jpg
竹寺にて

R0011984.jpg
人なつこいけど哀愁漂う竹寺の犬

竹寺から下って原市場名栗線へ。やはり下りはすごい安定しているし、同じスピードでも怖く無い。
うまく表現出来ないが、今までアンダーステアだったのが少しだけオーバーステア気味に。
少しの挙動で、ぐぐっと切れ込んで行く感覚。
それと、スピードが出ている場面でポジションを下ハンに持ち替えるのが何故かスムース。
今までは、気合を入れないと下りでポジション変更が出来なかったのだ。
これは、フレームサイズやらジオメトリーやらが私の体にマッチングしてしているのだと思う。

県道53号に下り有馬ダムへ。この道は何故か毎度キツイ。
林道とは違い、車専用と言う雰囲気と言い、きつい勾配が目の前に展開する情景と言い、
何となく苦手な感じ。その後名栗湖のフラットな道を周回する。

最後に終わりかけた足でヒーコラ言いながら小沢峠を越える。
成木辺りでバーディ坂を越えて青梅に向かう師匠と、岩倉街道に向かうヴィオロンさんとお別れ。
ちと道を間違え、飯能市内経由でデポ地に向かう。途中、渋滞の中を自宅へ向かう。
やはりこの中を自転車で走るのは苦痛のはずだったので、作戦成功かな。

ひととせ師匠とヴィオロンさん、お付き合いありがとうございましたm(_ _)m

R0011974.jpg

走行距離70km








奥多摩新緑森林浴ウォーク

昨日は、ハイキングクラブの奥多摩湖ウォークに参加して来た。
前回の大岳山と同じく、同年代6人のメンバー。
奥多摩駅発8時35分のバスは、2台体制でそれも超満員でびっくり!
今までハイキングと言うと、中高年の女性と定年退職後の男性がほとんどだった気がするが、
結構若者も多く意外な感じがした。
報道では、若者の自動車離れ等も聞かれるようになり、自転車の人気もその一端かも知れないが、
日本全体が遊びも含めてエコ志向になっているのかな?
R0011945.jpg
小河内神社で下車。ドラム缶橋を渡る

通称「ドラム缶橋」だが、以前はまさにドラム缶に木を渡した粗末な物であったが、
現在はプラスチックのブイにアルミ製の立派な通路が渡してある。

2km程歩き「山のふるさと村」に到着。ここで雨がパラパラと降り出し、ザックカバーを装着。
しかし、皆さんのザックやらシューズやら雨具等の装備が前回と違ってグレードアップしている。
やる気十分なのである^^
R0011951.jpg
いよいよ「奥多摩湖いこいの路」へ

実は私が持っていた2003年度版昭文社の地図にはこの道は記載されておらず、ただ「通行禁止」とある。
どうやら小河内ダム完成50周年記念として整備され、2007年頃から一般開放された道のようだ。
R0011954.jpg
「奥多摩湖いこいの路」風景

基本的にフラットで、整備もされており歩きやすい道であるが、先頭を行くH夫妻が絶好調でペースが早い^^
遅れないように一生懸命に歩きますw。後でGPSデ-タを見せてもらったが、時速5kmだったそうで、
これは普通のアスファルト道をスニーカーで歩くのとほぼ同じスピードだ。早かった訳だ。

ただ、今回は7分のズボンを履いて来たのだが、何故か靴の中に小石がドンドン入って来てえらく歩きづらい><
途中で止まって靴を脱いで石をかき出し、小走りで遅れた距離を巻き返す、という繰り返しで結構疲れたw
しかし、これでニッカボッカが廃れた原因が判ったぞ!靴の中に異物が入るからに違いない!

途中の昼食では、ひととせ師匠台湾おみやげのカラスミをいただく。
大変美味しかった!が、日本酒が欲しくなる味だw
昼食後は天気も良くなり、森の中の森林浴ウォークが清々しい。
R0011964.jpg
奥多摩湖に流れ込む支流には橋がかかる

ダムが見えて来るが、ここからが結構距離がある。
「入り江」と勝手に名付けた、湖の窪みに沿って道が展開しているのである。
この何個かある「入り江」が意外と奥深いので、なかなかゴールに着きそうで着かない所がミソ。
R0011966.jpg
いい加減歩き疲れた所でダム到着

R0011968.jpg
ひととせ氏が近寄らなかった展望台の窓からw

フラットな道とは言え、14kmもハイペースでダート道を歩いたので足がだるいっす^^
前回、10年間放置してあった革の登山靴で指先を痛めたので、4日に1回はミンクオイルを塗って
革を柔らかくしたつもりだが、こういう道でもやはり小指が痛くなった。やはりダメだなこの靴。

その後、奥多摩駅まで戻り「もえぎの湯」に行くが、満員で入れなかったのが無念><
立川で反省会をして解散。
ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m












プロフィール

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。