スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワースポットでお祈り?(杖突峠~分杭峠)

昨日は永年勤続のご褒美とかで、2週間もの連続休暇を取得しているひととせ師匠が
秋葉街道を2泊3日で制覇する、と言うので初日だけお付き合い伴走をする。
仕事はヒマだけど、やはり平日に3連休するのは気が引けるw
さて、もう一人の伴走者は、前回もご一緒したchicoryn嬢が1泊2日の予定で参加。

高尾発6:14発の松本行き中央線に乗り込む。茅野には8:49着。

R0012247.jpg
多分、小学校の林間教室以来の茅野駅^^

125号線杖突街道に左折した途端に急坂が現れ、心拍、筋肉共にまだ運動モードに
入っていないので、とてもきつい。最大10%、平均6~8%の坂が続く。
途中で稜線に出て、等高線に沿った道となり、斜度は緩くなるが、ここからが長い。

R0012250.jpg
途中のビューポイント。名前も「みばらしはし」

R0012251.jpg
ピークちょい手前の「峠の茶屋」に到着!

R0012254.jpg
無料展望台からの眺望。素晴らしい!!

駐車場直結の展望台は¥100払え、と書いてある。
2階の無料展望台に行くには、喫茶店+売店を通り過ぎないと行けない。
色々な戦略を考えても、この無料作戦は見事だ。
ただ、我々血も涙も無いおっさん・おばさん軍団は、挨拶だけで素通りする。流石である
しかしながら、ここからの展望は素晴らしい!右から八ヶ岳最南の編笠山~八ヶ岳連峰~蓼科山~霧が峰、
おまけに諏訪湖までの180度以上の展望が見渡せるのだ。必見です!
この「峠の茶屋」は頂上で無く、ピークはもう少し上った所にある。

R0012256.jpg
紅葉が始まっている杖突峠頂上

ここからはバッコ~~ンと快適なダウンヒル!
道路も直線気味なので、ブレーキをかけずに、65kmキープで下れる。
ここら辺は、体重が重い私は非常に有利
しかし、高遠までの杖突街道は本当に素晴らしい!まず、国道だが車がほとんど通らない。
そして、街道沿いの風景が日本の原風景と言うか、我々昭和30年代生まれにとっては、
郷愁を感じさせる里山風景の連続なのである。

R0012258.jpg
風情がある杖突街道

昼食は、高遠のお蕎麦屋「華留運(ケルン)」で高遠そば(かき揚げ付き)を頂く。
高遠そばの特徴として、薬味に「焼き味噌」が付いてくるのだが、
私は間違ってこれを最初から全部入れてしまい、汁がえらく辛くなった。
徐々に入れるのがお勧め。
地図を見ると、この辺りが高遠の中心街なのだが、人が全く歩いていない!
これが日本の地方都市の実体なのかな?

R0012261.jpg
高遠のそば屋「華留運(ケルン)」

R0012265.jpg
高遠そば(かき揚げ付き)¥1100也

高遠からは、道路の呼び名も「秋葉街道」と変わり、本日のメインである分杭峠を目指す。
美和湖を右に通り過ぎ、分杭峠へのシャトルバス乗り場辺りから、斜度がだんだんきつくなる。

さて、何故シャトルバスか?と言うと、昨今注目を浴びているパワースポットである分杭峠だが、
峠付近には駐車スペースが無いために、その集客と比例して大渋滞が起こるようになり、
現在は峠下6km辺りの大駐車場からシャトルバスが運行しているのである。

そもそも、パワースポットとは何か?であるが、この峠は世界でも稀に見る「気場」なのだそうだ。
資料によると、ここは中央構造線の真上で、2つの岩盤がぶつかりあっており、
拮抗する大きなエネルギーから、強力な磁力やマイナスイオンが発生しているらしい。
その磁力やらマイナスイオンやらが、人体に大きく影響を与えるらしいのだ。

元々は、中国の有名な気功師がこの峠を訪れ(この辺がいかにも怪しいw)、気場で知られる
中国の蓮花山以上の素晴らしい場所、と言ったのがブームの火付けらしい。
ただ実際に「ここにいたら1時間で肩凝りがとれた」とか「ここにいただけで体の具合が良くなった」、
等の報告もあり、日帰りで日参している人もいると言う。
信じる者は救われる、ほとんど宗教のような話である。

肝心の自転車であるがw、途中から九十九折になるあたりから斜度も強烈となり、
一部15%位の部分も現れる。きつい!
峠らしき所が現れ、思わず足を付き休むが、そこは「中沢峠」と言う手前のピークだった
ただ、ここからは稜線に出たのか、ゆるゆると最後の高度100m位を上って行く。

R0012278.jpg
ようやく分杭峠到着。バンザイ!

宗教や神様と違うので、お願いしても何にもならないが、とりあえず注目のパワースポットだ。
とりあえず、何か一つでも効果が出てくれないかと・・・。そこで心でつぶやく・・・。

どうか、髪の毛が増えますように!

これで大丈夫だろうw

さて、実は分杭峠から大鹿村へは土砂崩れのために通行止めとあった。
ただ、高遠で情報を仕入れた所、車は無理だが自転車なら行けるんじゃないの、
という事であったのでとりあえず下り始める。
山の中の一本道である秋葉街道は、迂回するのにも、これまたえらく大変な事なのだ。
途中、何だかよく判らなかった「中央構造線露頭」を見学し、さらに下ると・・・

R0012286.jpg
ありました!すごい土砂崩れ!

これをブログに書くのは大いに迷ったが、ほとんど知人か、場所名検索ヒットの人しか見ていない
しょぼいブログなので、あえて情報という意味でも書くことにしました。
我々は、時間や状況、また人数が複数人居たので、自転車をばらし、部品毎に手渡しをしながら
何とか越えましたが・・・

注意:分杭峠~大鹿村は自転車でも越えられません!

大鹿村役場辺りの分岐で、さらに秋葉街道を南下するひととせ師匠とchicoryn嬢とお別れです。
なかなか思い出深いツーリングになりました!
お二人とも色々とありがとうございましたm(_ _)m

実は、ここから私は県道22号線を走り、飯田線の「伊那大島」と言う駅まで行くのだが、
飯田線がなんと!1時間に1本しか無い。
ちょうど今4時ちょうど!次の電車は5時13分。しかし!駅員の常駐は5時まで。
輪行準備やら切符手配等考えても、駅までの16.5kmを40分以内で走りたい。
小渋湖沿いのトンネルが何個もある道を、平均35km位で頑張りました!(下り基調ですが^^)
こんなに頑張って走ったのは、初めてかも

R0012289.jpg
5時までしか駅員がいない、誠にローカルな飯田線「伊那大島駅」

R0012292.jpg
1時間に1本の列車が来た~^^

ただ、ここで大失敗><
走る事に夢中で、列車の中での楽しみであるビールを途中で買わなかったのだ。
発車10分前には準備も完了していたが、駅周辺には商店など何も無く、
酒屋まで歩くと往復20分以上掛かる、と言うのだ。
泣く泣く、駅前の自販機でコーヒーを買う、あ~~むなしい
岡谷までの2時間!缶コーヒーで過ごしました><

岡谷ではもうビールでは飽き足らずに、売店で日本酒を買ってあずさに乗り込む。
これも書こうか迷ったが、怒りが収まらないのであえて書く。

岡谷の売店で買った「神渡(みわたり)」と言う銘柄のワンカップの日本酒であるが、

すんごくまずい! 

恥ずかしながら、私はこの歳になっても料理や飲み物の味にうるさく注文を付ける方では無いが、
(味が判らない、とも言うw)ここまでひどい味の日本酒は覚えが無い。
薄っぺらな最低の味の酒に、たっぷり人工甘味料をぶち込んだような味なのだ。
我慢して途中まで飲んだが、最後は飲めずに捨てた。この酒好きの私がだ!
さらに頭に来たのは、ラベルに印刷してあった「こっくんかっぷ」と言う悪夢としか
思えない駄洒落。
岡谷と言う土地の蔵元で「神渡」と言う神々しい商品名を付けながら、これは無いだろう!
タイ人だってきっと憤慨するに違いない。

R0012295.jpg
「こっくんかっぷ」だと?駄洒落よりも先に真面目に酒を造れ!

で、口直しに車内販売でビールw立川に降りた時は結構いい気分。
運動した後は酒が回ります

いや~でも久々に本当に思い出深いツーリングでした^^

最後に、まだまだ旅を続けているひととせ師匠とchicoryn嬢!
事故無く、頑張ってそれぞれの予定ルートを走って下さい。応援してますよ!

走行距離  83km
獲得標高 1282m










梅野木峠リベンジ!・・・なるか?w

昨日は、4040クラブSB班オフ会を企画しているひととせ師匠が、ルートの下見に行く、
と言うのでご一緒して来た。
そのルートとは、羽村~二ツ塚峠~梅ケ谷峠~肝要林道~梅ノ木峠~入山峠、と言う
SBにふさわしい、まさに峠てんこ盛りルートなのである。

このルートは自転車に乗り始めてから1ヶ月目に、ひととせ師匠とジークフリートさんに
連れていってもらい、玉砕死したコースとほぼ同じ。

ただ、前回は最後が小峰峠だったので、今回の方がはるかにキツイ設定だ。

R0012227.jpg
待ち合わせも前回と同じく玉川兄弟

ひととせ師匠に続き、chicoryn嬢登場。私はお初です。
しかし、彼女の活動がすごい!7月の北海道でのアジア初の1200kmブルベを完走し、
来年は4年に1回開催のPBP(パリ~ブレスト~パリ)に参加するぞ!というすごい人なのであります!
とりあえず、横浜からここまで自走、と聞いて私はびっくり!

大荷田川沿い林道を二ツ塚峠へと走り、梅ケ谷峠から肝要林道へ。
前回は肝要林道ピークで既に足が終わった状態だったが、今回も当然厳しいながらも
何とかまだ足は回っている。乗り始めて6ヶ月を経過し、少しは進歩したかな?

R0012230.jpg
梅ケ谷峠を折り返して肝要林道へ

つるつる温泉を過ぎて、いよいよ梅ノ木峠の登りが始まる。
前回歩いてしまった17%位の坂の連続場面で、足を付いて休むが何とかピークへ。
ここをダァ~~と登るにはまだまだ精進が足りません><
まぁ、一応全部乗れて走れたので半分リベンジ、と言う事で
来週10日にここでヒルクライムレースが行われる、という事で、練習に来ている人も結構居た。

R0012232.jpg
梅ノ木峠ピーク

R0012235.jpg
前回は疲れ果てていて頂上の風景を覚えていなかったw

五日市まで下り、山猫亭でランチ。私は今までその名前すら知らなかった「チリコンカンライス」w
まぁ、食べた事が無い物にはチャレンジしないとねなかなか美味しかったです。

R0012239.jpg
山猫亭で「チリコンカンライス」

実は、既に4つもピークを登ったので結構足が重いのだが、2週間前に行った入山峠を再度目指す。
足の調子が悪い師匠と、足が終わった私は、休みながらヘロヘロ登って行きますが、
chicoryn嬢は本人曰く「なめくじ走法」等と謙遜をかましながら、ピュ~と消えて行くw
1200kmのブルベを完走する人は、持久力と言い、根性と言い、やはり違うんだろうなぁ。

R0012243.jpg
入山峠にて、ひととせ師匠とchicoryn嬢

陣馬街道から浅川CRに出て東上しますが、峠を5個越えて約100km走って、既に私はボロボロ状態!
しかし!chicoryn嬢曰く「だんだんノッテ来た!」はっ?もう言葉がありません

その後、輪行で帰るchicoryn嬢を矢川駅でお見送りして、鷹の台付近で師匠とお別れ。
お二人とも色々とありがとうございましたm(_ _)mまた、よろしくです

走行距離 124km
獲得標高 1494m










モデルデビューww

昨日発売された「MTB日和」Vol.5(辰巳出版)にて、モデルデビューを致しましたww

mtb.jpg

と言うのは、ほんの冗談だが、写真が掲載された事には変わらない!

先日参加し、見事に撃沈したルート610主催「MTBフリーライドスペシャルツアー」であるが、
なんと!その中に「MTB日和」の編集長A氏と、カメラマンM氏が参加していたのだ。
カメラマンM氏について、その正体を暴く質問を投げたのは実は私だw

ウエストバッグから取り出したカメラは、多分ニコンのD700か300でその上MD付き!
レンズもまたすごいのが付いているのだ。
いくら写真が趣味と言っても、2000m級の山道をMTBで走ろう、と言うのにはあまりにも
アンバランスなカメラだったのだ。実はそこを指摘したw
ただ、M氏曰く「仕事じゃなかったらこんなカメラ持って来ないっすよ!」と言っていた(笑)

で、どんな素晴らしいライディングフォームが写っているかと言うと・・・・

*15ページ:疲れ果てて、へたり込んでいる後ろ姿
本当に、下りで疲れるなんて始めての経験ですた><
*22ページ:押し上げ途中で下りの登山者が来たので、道を空けて待っている後ろ姿
この時はあと200人位行列が来て、30分位休めないかな、と真剣に思っていたが2人だけだった(涙)

当たり前だ!ほとんど歩いて、押して、転びながら下りて来たのでライディング写真なんて
あるわけないっ!つーの

まっ、どちらも極小写真、且つ後ろ姿なので、発見は大変難しいと思いますが、
書店で見つけたら探して下さい



プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。