スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SBオフ会・奥武蔵紅葉狩り編

昨日は4040クラブSBオフ会「奥武蔵紅葉狩り」に参加して来た。
実は主催者のひととせ師匠が急遽出張でDNS!その他にも様々な都合でDNSの方が出て
集合場所に集まったのはSB精鋭3名+へタレオヤジ(私)の合計4名!^^

今回のメンバーの中では、この周辺は私が一番詳しいだろう、と言う事で道案内を仰せ付かる^^
まず「竹寺を見たい」と言う希望があり、時間的に昼食場所に早く到着しそうだったので、
予定外だがとりあえず向かってみる。

子の権現との分岐を過ぎるとだんだん斜度もきつくなる。
ジークさんが最後の500m看板で写真を撮っていたので便乗して休むが、再乗車しようとしたら
坂が急でクリート装着に失敗し右側にコケル
この自転車になり、SPD-SLペダルに換えてからの初めての立ちゴケだ。
ひーこら言いながら竹寺到着。

R0012667-s.jpg
竹寺にて、その1。竹寺は素晴らしい紅葉真っ盛り!
R0012668-s.jpg
竹寺にて、その2
R0012674-s.jpg
竹寺にて、その3

竹寺でたっぷり紅葉を楽しんだ後、原市場名栗線へ。私はこの林道のユルユル感が好き!w
寒くて隠れているのか?猿軍団にも遭遇せず。

R0012679-s.jpg
途中の民家の見事な紅葉をパチリ

道案内人がとろいので一瞬通り過ぎてしまったが、天目指峠へ。
私的にはこの峠も結構きついのだが、SB班の連中には特に何でも無いようでスイスイ登って行く。
私は一人遅れながらヘロヘロと頂上へ。
天目指峠から299号への下り道にてchicoryn嬢と私にやばい病状が!
まっ、詳細はまたの機会にでもw

R0012682-s.jpg
天目指峠頂上にて

299号に出て、昼食は「宇ぜん」で。
今回は2回目で、親父さんと最近の朝鮮半島情勢から、お互いの健康管理の話題まで話が盛り上がる。

R0012690-s.jpg
本当に美味しい鯖の味噌煮。味に鈍感な私が言うのだから間違いない!w

その後、苦手な299を正丸トンネル分岐まで。
苦手意識を持って走っていると体調までおかしくなるのか?食後すぐの運動だからか?
横腹がすごく痛くなって来て最悪の状態になるが、なんとか旧正丸峠に到着する辺りでは
痛みも収まって来る。

R0012693-s.jpg
正丸の上りにて、逆光のすすきがまるで綿アメのよう

名栗湖分岐辺りから小沢峠分岐まで、Kikyoさんの鬼引き開始!
いくら懸命に漕いでも追い付かない!!メーターを見ると40キロ↑だっ!
若干の下り基調とは言え、平坦路に近い。なんちゅう脚力!

小沢峠分岐で町田まで自走のKikyoさんとお別れ。
他の3人は途端にまったりモードでデポ地までw

お付き合いいただいたみなさん!ありがとうございました。
役に立たない案内役でしたが、ピンチヒッターという事でご勘弁をm(_ _)m

また宜しくお願いします!

走行距離 80km
獲得標高 1337m





スポンサーサイト

日の出山まったりハイキング

昨日は、ハイキングクラブの「日の出山まったりハイキング」に参加して来た。
さて、紅葉はどうかな?

御嶽駅からバスで滝本駅、ここから定番のロープーウエィで御岳山駅まで。
このロープーウエィの最大斜度は25%で平均は22%、と車内放送が言っている。

なんと!子の権現の南坂はこんなにあるのか!

こんな坂をSBの人達は目指しているのか!そりゃ、変態って言われてもしょうがないな

R0012602.jpg
すごい混雑の御岳山駅

青梅線の電車からそうなのだが、すごい人!人!人!
人気の場所だからかも知れないが、全体的な山人口が増えているのだろう。

ただし・・・、よく探しても若い「山ガール」はほとんどいない!
やはりあれは、ブーム創出のための広告代理店の戦略だと思うなぁ。

一体、どうなってるんだぁっっ!!

あっ、しつこいですねいや、別にいなくてもいいんだけどね(笑)

今回目的の日の出山に行くのには、特に通らなくてもいいのだが、ここまで来たので
とりあえず長い階段を登って御嶽神社にお参りする。

R0012605.jpg
紅葉はほぼピークかな?

少し戻って日の出山への道を辿る。
御岳山周遊コースや大岳山ルートと違って人気が無いのか、急に人がいなくなる。
歩きやすく、それほど急な坂も無く、ご機嫌な尾根道を歩きます。

R0012621.jpg
日の出山山頂

ハイキングは3回目の参加だが、今までで一番短い行程で頂上到着^^
「日の出山」はほぼ360度展望の見渡しの良いピークだ。

R0012625.jpg
コンロが3つ並ぶ^^

私は靴以外、上から下から装備まで、20年前に使用していた物を引っ張り出しているのだが、
メンバーの方々の装備品はだんだん新兵器で武装されて行く^^
今回は初登場のコンロでお湯を沸かしてカップラーメンとティータイム
まったりハイキングの楽しみは、こういう所にもあると思う。

ゆったりと昼食をとった後は、下りだけである。
私は最近イマイチ調子が悪い右膝にサポーターを巻く。
若い時は全く苦痛で無かった山の下りが、実は今では苦痛なのだ

自転車の場合、上りと下りでの肉体的苦痛度、と言うのは9.5対0.5位と思うが、
現在私の山歩きのそれは、5.5対4.5位の僅差である。
それ程下りの膝への負担が大きく、長い下りの場合は、あ~~上りが無いかなぁ、
等と思ってしまう程である。

そんなこんなで膝が笑い始めたなぁ、と感じると同時に「つるつる温泉」到着!

R0012631.jpg
つるつる温泉

自転車では何回か前を通ったが、中に入るのは初めてだ。
3時間¥800也。妥当かな。
ロッカーキーを渡され、風呂に向かうと何故か呼び止められる。
「すいません~~ん!女性用ロッカーキーを渡してしまいました~~!」
別にそれでも良かったんだけどね(笑)
泉質はアルカリ泉特有の「つるつる」と言うか「ぬるぬる」と言う感じ。
こういう泉質は肌にはいいのかな?
これまた各人の好みだが、私はどちらかと言うと、酸性バリバリで角質が全部取れちゃうような
「ちゃきちゃき」する感じが好きなんだけどねw

待望のw「機関車バス」に乗り、五日市へ。
その後、たっぷりと立川で反省会

参加の皆様、お付き合いありがとうございました。
また宜しくお願いします!m(_ _)m


陣見山と仕込み水

昨日は4040クラブの「陣見山もう一回ゆっくり紅葉編」イベントに参加して来た。
集合が寄居なので、朝霞台経由東武東上線で向かう。

何故「もう一回」なのか?と言うと、約1ヶ月前にも同じルートのイベントが
行われたが、紅葉がイマイチだったので再度開催となったらしい。
私的には「ゆっくり」と、何やら最後にあると言う「仕込み水試飲」がキーワードですw
R0012463.jpg
参加は12名!壮観です!^^

まずはいきなりきつい坂を登って円良田湖へ。
ただ、その後はそれ程きつい坂も無く、雰囲気のいい林道を走って高度を稼ぐ。
前回、きつねさんがカメラを忘れたと言う東屋を過ぎ、ピークへ。
R0012470.jpg
ピークは展望がありません

R0012473.jpg
が!しばらく下ると絶景ポイント!

ここは「長瀞八景展望台」と言うのだそうで、長瀞、秩父方面の景色が素晴らしい。
特に折り重なった山々の風情が墨絵のようで情緒がある。
コンデジだといくら頑張ってもうまく行かなかったが、1眼を持ってでも再訪したい場所だ。
ただ、紅葉はイマイチかな。
自然科学系には弱いが、夏があまりに暑くて残暑が残ると紅葉はイマイチのようだ。
今年はどこに行っても真っ赤な葉っぱを見ていない気がする。

林道を下りきると、県道287号線の間瀬峠だっ!
下って着いたのがこれまた頂上ってのがたまらなくいいw
ここからは、道も良くそれぞれダウンヒルを楽しむ。

国道140号に出てしばらく走っていると、秩父鉄道沿いに「撮り鉄」の人達が・・・。
そうだ!本日はSL「バイオエキスプレス」の走行日なのだ!
途中でバイオ号とすれ違う。流石!ジークさんはしっかりと写真を撮っていた。

昼飯は蕎麦「大さわ」で。石臼挽き手打ち10割だそうだ。
私は上品な蕎麦よりも、殻ごと挽き込んだワイルドな蕎麦が好きなので「田舎蕎麦」をオーダー。
ただ、期間限定に負けて汁を「きのこ汁」にしたが、味云々よりもやはり蕎麦自体の風味を
味わうならばデフォの汁の方が良かったかも知れない。ちょっと反省。
R0012486.jpg
腰があって美味しかった「大さわ」の田舎蕎麦

その後県道294号を通って小川町に向かいますが、これが299号的な嫌らしい
ダラダラの車専用坂で足が削られます><斜度は緩いが陣見山よりも何故かきつく感じる。
初めての道なので、いつ終わりが来るのか?が判らない所も走りづらい所以か。

途中で「和紙の里」に寄ります。
R0012493.jpg
こんな古民家が保存されていたり

R0012495.jpg
紙漉きの体験が出来ます

けんいちさんが飛ばす下ネタの意味が判らずポカーンとしていると、きょうちゃんが
「ああいう発言は無視!」と助け船^^ありがとうございました

小川町ではみんながお待ちかねの仕込み水w
R0012499.jpg
噂の仕込み水

その後、さらに仕込んだ仕込み水(訳がわからんw)を美味しくいただいて、小川町から輪行

企画の減塩生活さん、参加された皆さん!
素晴らしいルートと楽しい時間をありがとうございました。また宜しくお願い致しますm(_ _)m

走行距離 48km
獲得標高 702m


子の権現南坂は涙で濡れた orz

昨日は、ひととせ師匠とchicoryn嬢とで次回のSBオフ会の下見も兼ね、
奥武蔵激坂ツアーに行って来た。タイトルは久々に木枯し紋次郎風w
私は阿須運動公園に車デポ。自走の師匠と、輪行のchicoryn嬢と飯能で合流。
名栗道を小瀬戸で右折し、子の権現を目指す。
竹寺との分岐を過ぎ、人家も無くなる頃から、本格的な登りが始まる。
ようやく「あと300メートル、激坂」の看板までたどり着く。
ただ、ここまでも15%位の坂が連続し、もう既に私の足は一杯一杯ですだ
R0012421.jpg
奥のchicoryn嬢の自転車姿で角度が判るだろうか?

息を整え、いざ!突撃だぁ~~!最初のカーブを曲がって・・・

なっ・・・なんだよっっ!この坂は!!

ふんばるが、足が回らない><頑張ろうとしたら前輪ウィリーしそうになる。
ダンシングしようとしたらバランスが崩れて、自転車が横向きになり、ジ・エンド~~!

無理だろこれ!orz

泣きながら押します;;がっ!押すのもつらい斜度なんですが・・・
と言っても、師匠は何回も登っているし、初めてのchicoryn嬢も「腹筋が痛い」とか言いながら完登!
素晴らしい!!
2個目の大きなカーブを曲がりきると斜度も緩くなり、再乗車可能となる。
NEC_1251.jpg
さもずっと乗って来たような振りをして頂上へw(chicoryn嬢撮影)

ただ冷静に考えると、よく言われている25%の劇坂は、最初のカーブから次のカーブを
曲がりきるまでの100mちょいなのだ。
今の私の筋力では到底無理そうだが、来年度の課題として取っておこう!
R0012424.jpg
2回目の大わらじ。1回目→「足腰に参って参った奥武蔵」

R0012426.jpg
茅葺屋根が素晴らしい「子の権現天龍寺」

R0012441.jpg
北側駐車場からの絶景スポット

299号まで下ると、途中で廃校らしき建物が目に入る。
すっかり「廃屋マニア」となった3人はさっそく行ってみることにw
R0012443.jpg
旧飯能市立南川小学校。映画などの撮影スポットとしても有名らしい

ここから数百メートル正丸側に走って、本日の昼食場所「宇ぜん」へ。
こちらの店主は、以前渋谷で料理屋をやっていたが、田舎暮らしをしたいという憧れから
約5年前に焼き魚定食専門店として開店したらしい。
とりあえず、出来立てお奨めの「さば味噌煮定食」を頂く。
私はグルメじゃないので、その方面の形容詞に疎いですが、ものすごく美味しい!!
料亭の味?(本格的な料亭と銀座のクラブにはまだ行った事ありませんが・・・)お奨めです!
ただ、不定休という事なので、連絡してからの方がいいかも。(042-970-2800)
R0012451.jpg
私的に大変満足した「日本人である事を実感する」一品!親父さんと店内の雰囲気もいいです^^

ここから正丸トンネル手前まで嫌らしい299号を走り、うって変わって静寂の正丸峠旧道へ。
斜度は緩いのですが、なにせ子の権現で既に足がやられていて、意外ときつく感じる><
R0012454.jpg
正丸峠道は静かで雰囲気がいい

正丸峠には綺麗なアレックスサンジェのスポルティフに乗る自転車乗りの方が。
ブルベもやっている、という事でchicoryn嬢とブルベについて話が盛り上がる。
お二人は最後に「来年、パリでお会いしましょう!」と言うすごい内容で左右に分かれる^^

その後、山伏峠、有馬ダム、倉掛峠、とミニ坂を登り飯能へ。
もう足の筋肉はパンパンだし、いつもの「右ひざ痛い痛い病」が発病するorz
私の状態を見て、サプリメント師匠のchicoryn嬢が、「クエン酸&グルタミン+カルニチン&ビタミンC」
配合のスペシャルドリンクを作ってくれる。本当に感謝感激ですm(_ _)m
実際に帰宅時までに、筋肉の張りがほとんど無くなっていた。サプリの威力ってすごいなぁ^^
R0012460.jpg
おまけ。物欲しそうなネコを横目におでんを食べる師匠ww

師匠、chicoryn嬢、色々とありがとうございました。また宜しくお願いしますm(_ _)m
もしオフ会で南坂を登る時は、私は@300mの看板の所でクリートカバー付けますorz

走行距離 76km
獲得標高 1161m





35年ぶりの撮り鉄

さて、昨日は9月に大弛に行った際、「ここはどこ?」で有名なFOXさんに連れて行って!
とお願いしていた只見線のSL撮り鉄に行って来た。
新幹線で郡山に向かい、駅前ロータリーでレンタカーのFOXさんと合流。
FOXさんは金曜日の夜から現地に入っていて、昨日も雨の中を撮影していたのだ。
実は公共交通機関を使用すると、どんなに朝早く東京を出ようともSL出発の時刻までに会津若松に
到着するのは不可能なのだ。それを知った時に、同行するのを断念しようと思ったのだが、
FOXさんが前夜わざわざ郡山まで戻って来てくれる、と言うのだ。
そのご好意によって今回の撮り鉄が実現した。

高速を一路会津若松へ。まずは、出発前の会津若松駅に佇む今回の主役「C11」を撮る。
この「C11」であるが、実は真岡鉄道からの借り物だそうで、その賃借料も含め相当経費がかかるらしく、
と言って、JRには乗車賃しか収入が入らないために、今回が最後、と言う噂もある。(あくまで噂)
ただ、地元にとっては色々と貢献が大だと思うので、是非継続して貰いたいものだ。

さて、私は写真が趣味とか言っているが、カメラとの出会いはSLだ。中・高校時代SLが大好きで、
SLを追っかけて写真を撮っているうちに自然に写真全体に興味が沸いて来た、という感じだ。
で、自分はSLそのものが好きだと思っていて、SLが廃止された後に京都梅小路の動体保存の
機関庫に行ったが、全く感動しない自分に驚いた。
そうなのだ!私は死んだSLが好きなのでは無く、生きたSLが風景の中を走っている姿が好きだったのである。
また、SL以外の鉄道関係の事にも全く興味が無いので、俗に言う「鉄ちゃん」では無い。
つまり、高校2年の時に会津、只見線でSLを撮影して以来、なんと!35年ぶりの撮り鉄なのである。

次の撮影は七日町駅の出発シーン。もの悲しい汽笛が会津盆地にこだまする。何と言う音なんだ!
日本人の郷愁の琴線に触れる素晴らしさ!久しぶりに聞いて涙が出たぞ

その後、裏道をバシバシ走って、SLを追い越しつつ、会津若松駅も含めて只見までで8箇所での撮影。
帰りは只見駅を含めて4箇所での撮影。なんと合計12箇所での撮り鉄だっ!!
これは、只見線に通う事30回以上、と言うFOXさんにしか出来ない離れ業である。
何十と言う撮影ポイントを把握し、列車の運行スケジュールを頭に入れ、裏道を含め道路事情に精通し、
そして列車の速さ以上のスピードで車をぶっ飛ばす度胸!!
普通の人が同じくレンタカーで追っかけても半分がいいところだろう。本当に感謝である。

さて、帰りの新幹線で反省会をしていると、どうも私の写真が白っぽくてメリハリが無い。
カメラを調べると、カスタムイメージの設定が「ほのか」に!
私のカメラはPENTAXの「K-7」と言う機種で、最近はさっぱり写真への意欲も無く、
以前に姪の成人式用晴れ着試着会で撮影した設定のままになっていたのだ
「ほのか」なんて言うモードはPENTAXだけかも知れないが、「ハイキーでコントラストが低く、
淡い色調が特徴」と言う撮り鉄とは正反対の発色だ。なんで、数ある設定の中でこれなんだ・・・orz

そう言う訳で35年ぶりの撮り鉄は大失敗に終わった。
帰ってからよく見ると、「これはこういうアングルの方が良かった」
「これはこっちのレンズの方が良かった」「これは横じゃなくて縦だろ!」
と言う反省点がどんどん出てくる。
これはもうリベンジしかない!JR東日本様!この企画、終わらせないでね!
そしてFOXさん!本当に色々とお世話になりました。また宜しくお願い致しますm(_ _)m

とりあえず、出来る範囲で色の修正をした写真です。う~~ん、イマイチ><

001sl.jpg
七日町駅発車!
002sl.jpg
秋を走る(会津柳津付近)
004sl.jpg
金山集落付近
003sl.jpg
第四橋梁
007sl.jpg
会津桧原の坂を登る
008sl.jpg
夕暮れの田園地帯を走る








プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。