スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SB班走り収め・・・・死にました><

昨日は「4040クラブSB班走り収め」に参加してきた。

7時前に家を出るが、すんごく寒い!メーターで確認すると気温2度!
1時間位走ったところで、右手の人差し指先端の感覚が無くなってきてやばげだったので
コンビニに避難して、缶コーヒーで暖めてから貼り付け用ホカロンを指に巻く。

待ち合わせの日野駅セブンに早く着いたので、隣のハンバーグ屋で暖を取っていると
メンバー達がぞくぞく集まって来る。
八王子での合流が1名、和田峠の登りでの合流wが1名を含めて合計11名。

R0012799-s.jpg
一番左はハセカツさんのLOOKの新車。いいなぁ~~^^

R0012802-s.jpg
廃屋探検隊的に少しうれしい陣馬高原下の「陣馬亭」

陣馬高原下のバス停にやっと到着。八王子方面からの和田峠チャレンジは初めてだ。
この坂はヒルクライマーの練習場としても有名で、20分を切ると1人前らしいが、私とは違う世界の話しだ。
資料によると距離は3.7km、平均斜度10%、最大斜度18%とある。
つーことは、半分以上が10%以上の坂と思われ、10%以上の坂では必ず泣きが入る私にとっては
大変やばい場所なのである。
よろよろと走り始めますが、SB班の皆さんの後姿はあっと言う間に見えなくなる
1回足付きで頂上に到着するが、最近さらにひどくなってる感じのこの遅さはなんとかならないもんか?

余談だが、年齢的に心肺能力やら筋力が飛躍的に強くなるのは期待できないので、
残るはエンジンの軽量化だろうなぁ。
ほぼ同身長のひととせ師匠と体重差が15キロだ、とか言ってネタにしていたのだが、
禁煙して以来4ヶ月、徐々に体重が増えきて、現在人生で最大体重となってしまったorz
師匠との体重差プラス20キロも現実味を帯びて来た。これは本当にやばいではないか!
私の周辺で一番の脚力のbouさんだって、10キロの米袋2個を腹の周りにくくり付ければ
あのスピードは出ないだろう。
これ以上体重が増えて体型が変わると洋服も総取替えとなり、不経済この上無い。

問題なのは私の場合、禁煙してから良く言われる食事量が増えたと言う事は特に無いのだ。
ある本によると、禁煙するとニコチン&タールで痛んでいた胃やら腸やらの調子が良くなり、
同じ食物摂取量でも吸収力が良くなるために太る、と言うのだ。
つまり、根本的な食生活(&酒生活)の改善が必要なのである。困ったなぁ><

R0012805-s.jpg
フラフラになって到着。もう足が終わりました>< 自転車の置き方も既になげやりw

R0012809-s.jpg
峠の頂上でカップラーメンと食後のティーを楽しむ

本日は、私を含めて数名がコンロを持参。みんなでカップラーメンを食べる。
やはり寒い時にはこれだね!

帰りは醍醐林道を下ります。この時期、山の下りはとにかく寒い!顔がこわばってうまく話せないよw
流石SB班の方々、立川までずっと登りで帰りたい!等と言う発言も聞こえますが、
私は例え凍傷になってでも下りだけで帰りたいっ!!

R0012819-s.jpg
下りでジャックナイフを決めるFOXさん。シャッターチャンス遅れた><

醍醐林道から入山峠に入る。
南側からの盆堀林道は5月にも走っているのだが、何だかその時よりもきつく感じる。
自転車再開後2ヶ月目よりも色々と弱っているとは思えないので、やはり体重増は問題だなぁ><

R0012820-s.jpg
もうお腹一杯です、の入山峠

完全に足が終わってヘロヘロですが、鬼師匠はすんなり五日市からは秋川サイクリングロード、
という平地ルートは採らずに、二つ塚峠、満地トンネルと走ります。
私はもう満地トンネルへの坂でさえきついっ><

R0012821-s.jpg
多摩サイの途中にて。富士山&夕陽のカップリングスポット

家の用事で参加できなかったが、反省会に向かうメンバーとは立川でお別れ。
5時になるといつも走っている柳瀬川のサイクリングロードと言うか遊歩道も真っ暗で怖い。
1回、犬を散歩させているじいさんにぶつかりそうになった。
それと、こうやって夜走ると特に感じるのだが、無灯火の自転車がやたらと多い。
それと右側を逆走してくる奴ね。
ほとんどが、高校生位のあんちゃんか、ママチャリのおばちゃんだがマナーは守りたいもんです。

いや、本当に久々滅茶苦茶に疲れました
風呂に入って、chicorynサプリ師匠にもらったモーラステープをペタペタと6枚程足に張って
10時にはベッドに倒れました。真剣に痩せないと、SB班引退だなこりゃorz

お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m
また来年も宜しくお願いします!

走行距離 123km
獲得標高 1470m



スポンサーサイト

物見でフレンチ

本日はひととせ師匠とプチ足の訓練。

豊水橋付近のセブンで待ち合わせてそのまま入間川サイクリングロードへ。
落合橋から県道76号線を走り、越辺川の白鳥飛来地に立ち寄る。

R0012790-s.jpg
優雅な姿の白鳥達

ここに飛来する白鳥達はなんと!シベリアから飛んで来るという。
昨年から餌付けが中止となったようだが、これはどのような理由からだろうか?
野生に人間の手を加えてはいけない、と言うのは正論だろうが、野生が存続可能な
自然を保持するのもまた人間の使命だと思う。

これは有名な歌なのでみなさんご存知かと思うが、旧建設省制定の「ユートピアソング」。
歌詞の一部をご紹介しましょう。
「山も谷間もアスファルト。ランランラン♪すてきなユートピア」
えっ?と思うだろうが、少し前の日本行政の志向はこうだったのだ。

30年ぶりに自転車を始めて地図を見た時に、まず驚いたのがダムの異常な多さ。
そして林道がほぼ舗装されていたこと。
しかしながらこう言った無駄を全て廃したらどうなるのか?
公共事業にもたれかかっていた業態は壊滅的となり、失業者が溢れるのである。
日本経済の根幹がそういう体質になってしまっているのだ。本当に困った問題である。

ここから物見山に向かう。物見山は本年3/14にひととせ師匠、サトシさん、モリリさんに
初めての長距離ツーリングに連れて来てもらって以来2回目だ。
で、坂を上るがえらくきついorz 全然進歩してないんじゃないか?
私の足は3歩進んで4歩下がる、と言う感じか?最低だっ!
その後周回コースを1回だけ回ったらもう足が・・・

疲れたので待望の昼食です^^

R0012793-s.jpg
騙されたと思って1回行ってみな!「レストランreティラミス」

R0012795-s.jpg

本日のランチ「舌平目の○○○」。すいません><料理名忘れましたorz

これがすげ~うまいのだ!本格的フレンチの味わいで素晴らしい。
グルナビを見ると、某有名ホテルのシェフも絶賛しているのである。
しかし!特筆すべきはその価格。メイン+スープ+ライス+デザート+コーヒーでなんと!¥980
212号線の西本宿の信号を物見山に向かって右折してすぐなので判りやすいと思います。
接客の雰囲気もGOODだし、騙されたと思って1回行ってみて下さい。

R0012794-s.jpg
お土産に頂いたボトルとボトルホルダー

珍しいボトルがあったので見ていると、「要りますか?」と・・・。
何やら先日まで大塚製薬とコラボ&イベントを行っていたSP商品の残りとか。
ありがたく頂戴いたします^^あっ、評価が高いのはお土産のせいではありませんからねw

R0012798-s.jpg
食後、またまた物見山へ><ヒィ~~~

その後、再度物見山を登って帰路につきます。
ここでもガーミン800は言う事を聞かないようですがw、師匠はナビを無視して
自分の設定ルートをひた走ります^^無事、豊水橋に到着!

後でGPSデータを確認したら、あんな地図にも載っていないような道を走りながら
物見山から豊水橋までほぼ直線のルート!
こりゃすごい師匠!流石の技ですね。

走行距離 97km
獲得標高 555m



絶景ポイント訪問・自転車編

昨日はたまたま平日休みが重なったひととせ師匠、chicoryn嬢とでサイクリング。
出発は毎度の駿河大下セブン。 

巾着田あたりで、清流線を越えて行くか?平坦路で行くか?と問われるが
「なるべく遠くまで行けるように」等と言い訳をかまして平坦路を選択するw
まずは滝の入線へ。頑張ってお二人と同じペースで登ったらもう息がゼイゼイ
本当にか弱い心肺能力だなぁ><
シロクマパンに寄っておやつタイム。本日はピザパンなり。

R0012765-s.jpg
シロクマ達もクリスマスなのだ

ここから予定ルートに無かった弓立山へゴー!
これがまた結構キツイ10%以上の坂が連続し、足にくる。
もうそろそろ頂上だろう、と思わせるような所が何箇所かあり気持ちも折れそうになる><
一人遅れてヘロヘロになって頂上へ。
しか~~し!ヘロヘロになった代償には素晴らしい眺望が待っていた。
自転車を再開してから10ヶ月、色々な所に行ったが、展望と言う意味では
今までで一番すごい場所じゃないだろうか?

R0012766-s.jpg
ほぼ270度位の素晴らしい展望だ!ただ私のGX100の24mmでもこんな程度

パラグライダーの離陸場所となっている舞台に上らせてもらい風景を楽しむ。
ここはちゃんと三脚を持ってきて、是非パノラマで写真を撮りたい場所だ。
天気も素晴らしいので、スカイツリーまではっきり見える。

苦労して上った坂をあっと言う間に下り、明覚駅近くの「枇杏」に到着。
古民家カフェ、という事で古民家をそのまま改造したのかと思ったが、
古い物で残したのは多分梁だけで、内装外装共に全て新築した建物なので
いまいち「古民家」と言う感じでは無い。「廃屋探検隊」としてはちょっと不満w
ただ、平日の昼間で、かつ判り難いに場所にあり、ランチとしては高めの価格設定ながら
お客さんは満員状態だ。これには感心した。

R0012775-s.jpg
自転車乗りには自転車ラック設置がありがたい古民家カフェ「枇杏」

R0012782-s.jpg
本日のランチ「国産鶏のホワイトソース煮込」。デザートと飲み物付きで¥1500

その後、足に優しいw「笛吹峠」を通って飯能に戻ります。

R0012784-s.jpg
古戦場でも有名な「笛吹峠」

ここから師匠のガーミンがちと迷走気味wどうも予定ルートからはずれるようだ。
高麗川からはなんと!走りたくなかった30号線へ!
毎度しつこいが、299号もそうだが体のすぐ横をダンプや大型トラックがバンバン通る道は
途端に精神が萎えてしまって体が硬直し、足が回らなくなってしまう
(半分は遅い事への言い訳ですけどねw)

無事に4時前にはデポ地に到着。この時間になると雲が出てきて途端に寒くなってくる。
やはりもう12月なんだなぁ。
そして今回はヘルス管理師匠のchicoryn嬢からモーラステープをごっそりと頂く。
私のようなヘタレ筋肉所有者には本当に助かります。
普通に薬局で買うと高くて目が飛び出るし・・・^^

師匠、chicoryn嬢、お付き合いありがとうございました。また宜しくお願いしますm(_ _)m

走行距離 74km
獲得標高 900m


絶景ポイント再訪ハイキング

昨日は、ハイキングクラブの面々と「影信山~高尾山」に行って来た。

実は影信山は、以前低山歩きをしている時にその見晴らしが大好きで何回か行った事がある。
お気軽に行ける低山だが、特に東側の展望は感動的でお奨めである。
「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に日光、奈良、京都、姫路城、等々の
そうそうたる観光地と並んで、3つ星指定となった大混雑の高尾山とは違い、
お隣の山ながら意外と空いているのもポイントが高い。

高尾駅からタクシーで小仏峠下まで行く。
今までのルートは高尾山~影信山~陣馬山や、時間が無い時は高尾山~影信山~小仏下、等
全て高尾山側が起点であったが、今回は初めての逆ルート。

取り付きが急な階段できついが、その後は落葉でふかふかな登山道で気持ちが良い。
小下沢からの道と合流し、九十九折れの斜面をえっちらと高度を稼ぐ。
R0012740-s.jpg
落ち葉の絨毯がフカフカで気持ちいい

R0012743-s.jpg
約1時間で影信山到着!

R0012741-s.jpg
相模湾、江ノ島、新宿新都心、スカイツリーまで見える素晴らしい眺望

R0012747-s.jpg
西南方向には富士山も!

とにかくあっぱれ!日本晴れで天気がすごくいいのだ。晴れ男ひととせ氏のお陰か?w
雲ひとつ無く、冬の空気で澄んでいるのか見渡しが良く、江ノ島まではっきり見えた。
本当にここからの景色は何回見ても心が和む。
小仏峠まで下り、登り返して城山へ。ここで昼食。
R0012753-s.jpg
恒例の火遊びタイムw

缶詰は温めた方が、ウィンナーはボイルした方が美味しいのだ!
食後に城山売店名物の「なめこ汁」を頂く。
具はなめこと豆腐、汁はしょうゆベースのシンプルな味だがなかなか美味しい。
R0012755-s.jpg
体が温まる城山名物「なめこ汁」&「甘酒」

高尾山山頂を左に巻いて進み、薬王院にお参り。
R0012759-s.jpg
何十年ぶりかの薬王院^^

R0012758-s.jpg
天狗様が本尊を守ってます

その後ケーブルカーで下るが、あまりにも時間が早いので温泉施設「ふろッぴィ」に立ち寄る。
まぁ、俗に言う健康ランドですね。ただ、ネーミングは何とかならんのか?w
案内を見ると、橋幸雄や辺見マリも近々公演に来るらしく、過去の大物演歌歌手や
あの人は今?の元アイドルもこんな所にまで営業に来ているんだなぁ、と感慨深いものがあるw

その後、八王子で残念ながらDSNとなったメンバーも加わり反省会。
今回はちょっと歩行時間が短かったかな?^^

参加の皆様、お付き合いありがとうございました。
また宜しくお願いします!m(_ _)m

県道30号線迂回路?

昨日は台湾出張帰りのひととせ師匠と、飯能からシロクマパンに行ってきた。

一般的に飯能から越生(シロクマパン)に向かうのには、八高線に沿って県道30号を
遡ればいいのだが、この道は交通量がある上に狭く、自転車では非常に走りにくい。
イメージとしては斜度が無い299号をもっと狭くした感じ。
4040クラブのNARUさんが迂回路を開発した、と言うのでトレースしてみる事にする。

飯能からまず県道70号の小瀬戸交差点を右折して東峠(林道長尾坂野口入線)へ。
距離は短いけど毎度きつい><
299号に出て武蔵横手駅まで戻り、駅前から林道関ノ入線へ。
途中でコンクリート舗装の17%位の激坂がある。
前回MTBツアーで来た時には押したけど、今回は熟年のハイキング団体が歩いていて、
「自転車なんてすごいわね~」等と話しているのが聞こえて、無理してダンシング!w
へろへろになって北向地蔵の手前で林道権現堂線に合流。そのまま鎌北湖に下る。

鎌北湖を過ぎ、エーデルワイスゴルフクラブの坂を越えて毛呂方面に下り、林道滝の入線へ。
ここは本年3月に復帰第3弾として師匠に連れて来てもらった林道だ。
このブログでの記念すべき初ツーリング書き込みの場所でもある。
その時は何回か休んだけど、今回は遅いながらもなんとか上る。少しは進歩したのかな?^^
ここからダウンヒルを楽しんで目的地の「シロクマパン」到着!

R0012706-s.jpg
いつも穏やかな空気が流れるシロクマパン

R0012709-s.jpg
今日のメニューは「あらびきソーセージ」&「牛乳クリームパン」

デッキで初冬の穏やかな日差しの中、パンを食べながら走って来たルートを考える。

これは「迂回路」なんかじゃないよ!w
立派なSB用ルートだっ!

NARUさんのような立派なSBが開拓した「迂回路」は、時として一般人の感覚とは
乖離するので騙されちゃいけませんw
例えば1日中みっちり走った帰り道に、「迂回路」としてここを走ったら普通の人は死にますw

師匠はシロクマパンからの帰り道に、北側の笛吹峠を回って帰ろうとしたらしいが、
新しく購入したガーミン800が言う事を聞いてくれませんw
どうやら帰着地を飯能に設定したので、どうしても最短ルートを示してしまうらしい。

何故か走りたくなかった県道30号線を戻るが、時間も早かったので林道をもう1本!
林道宿谷権現堂線がそれだが、4Km程で距離も手頃で雰囲気もいい道だった。

R0012712-s.jpg
雰囲気のいい宿谷権現堂線

この林道は本家権現堂線とはピーク手前500m位の所で合流する。
そのまま上り、北向地蔵の分岐から林道清流線を下る。
以前ここを上った時の記憶が全く無いが、途中でえらく長い上り返しがあって驚いた。
そのままデポ地の阿須運動公園に向かう。

師匠、お付き合いいただき、また台湾のお土産ありがとうございましたm(_ _)m

R0012718-s.jpg
台湾土産の高級カラスミと、カラスミに塗るためだけに買った(ウソw)日本酒!

走行距離 70.2km
獲得標高 1231m



プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。