スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天晴れ!大ダワ(鋸山林道)

本日はひととせ師匠、チコリン嬢、とで「お達者倶楽部」の部活動で大ダワ林道に行って来た。
さて、何故かあの「鋼の女」チコリン嬢が珍しく調子悪い、と言う。
理由は今日で自転車活動連続5日目だそうで、疲労が蓄積しているとか。
ん?5日目と言うとあの嵐のような豪雨の中(19日)も走ったのか?
聞くとあの雨の日も含め、毎日相当な距離と獲得標高を走っているようだ。
う~~~~ん、ここまで来ると賞賛の言葉と言うより、唸るしかありませんw

私は走るのは久々なので、福生西公園まで車デポしてお二人と落ち合う。(←ただの言い訳w)
しかし!本日は素晴らしく天気がいい。風も無く抜ける程の青空が広がる。
「天晴れ!日本晴れ!!」と言う感じ

205号を神戸岩へと右に折れると車もほぼ皆無となり、のんびりとおしゃべりしながら走るが、
何故か話題は老後の心配事の話へw。やはりお達者倶楽部なのである

R0010625-s.jpg
神戸岩付近の見事な紅葉

神戸岩付近から徐々に見事な紅葉が見られるが、ひととせ師匠曰く例年よりもイマイチだそうだ。
今年はどこでもそうらしいが、夏があまりに暑く且つ長かったために、色付が悪いらしい。

R0010635-s.jpg
登り途中のビューポイント付近

この林道は本当に雰囲気が最高だ。斜度が10%越えの部分も結構あって足にはきついが、
こうやって天気のいい日は極上の展望が約束されている。

R0010643-s.jpg
よくやく峠に到着。標高994m

R0010646-s.jpg
火遊び風景

昼食はコンロを持参したのでカップラーメン&ティータイム。
空気の透明度が素晴らしいのか?北側の川苔山方面の展望がとにかく素晴らしい。
ここまでくっきり見える日は1年に何日も無いだろうなぁ。

R0010653-s.jpg
秋深い大ダワ林道を下ります。北側の山々の展望が素晴らしい

R0010654-s.jpg
下りのビューポイント付近

青梅街道に合流すると、ものすごい車の数で愕然。
いきなり夢から現実に引き戻されたような錯覚に陥る。
吉野街道~多摩サイと走り、デポ地でお二人とお別れ。

ひととせ師匠、チコリン嬢、毎度お付き合いありがとうございました。
またよろしくお願い致しますm(_ _)m

走行距離     71km
獲得標高  1086m
スポンサーサイト

再び素晴らしい峠道へ

昨日は毎年恒例になるのか?FINALLOWの3Kさんプレゼンツ「第2回紅葉の信州に行こう」に参加してきた。
甘楽PAで集合し、南牧川沿いのデポ地へ。今回の参加者は11名!
普段あまり大人数で走った事は無いのですが、やはりこういうのも楽しい

R0010549-s.jpg
勧能を過ぎ、上りが始まる前にウィンブレを脱ぐ。天気も上々!

R0010554-s.jpg
3キロ程頑張って群馬県から長野県に突入!

田口峠は県境がそれで無い珍しい峠だ。この県境標識から峠までまだ上りが8キロもある。
だが、結構きついのは勧能からここまでだ。
私的には頑張って漕いで、限界に近づいた時にちょうどこの標識にたどり着くw
しかし、何故かここからは斜度も4~5%の気持ちいい峠道が連続する。

R0010571-s.jpg
この峠道、最高っす!

R0010570-s.jpg
これまた最高の九十九折に突入!

何故か道路標識には10%とか11%とかの恐ろしげな数字が書いてあるが、全くのウソ
私にもちゃんと漕いでいける優しい斜度の九十九折が頂上近くまで続く。
雰囲気もまさに旧道、と言う感じで走っていて楽しい位だ。

R0010574-s.jpg
足に優しい道も素晴らしい展望も、言う事無しの「田口峠」

田口峠からは熟達登山家しか登ることが出来ない毛無岩の全容が良く見える。
ここから臼田町へ快適なダウンヒル。

R0010585-s.jpg
途中の「雨川ダム湖」。水の色が美しい!

時間が押していたので、残念ながら臼田町の龍岡城跡見学ははしょって滑津のお食事場所
「トラットリア SIN」へと北上する。

R0010596-s.jpgR0010597-s.jpg
生パスタランチ¥1480をオーダー(写真+サラダ+パン+飲み物)

毎度言っているが、私は寂しい事にグルメには程遠く「生パスタ」自体の定義を皆さんに初めて教えて頂くw
でも多分、乾麺パスタとの味の差なんて同時に出されてもきっと判らないだろうなぁ

その後再び臼田方面に南下し、稲荷山公園に立ち寄り展望台にエッチラと登る。
展望は確かにいいのだが、ガラスが汚いのと細かい虫が飛んでいてえらく気になった。
食い物関係はほとんど気にならないが、何故かこういう細かい事が気になる変な性格だなぁw

帰りは299号を古谷ダム湖手前までの登り。実は昨年、この部分がすごくしんどかった。
新しく付けられた新道バイパスを走ったのだが、土曜日で途中の採石場関係のダンプも多く、
また、新道特有の近代高性能自動車用の直線&容赦無いきつい斜度の道に嫌気が差した。
雰囲気も全然良くないしね。
今年は旧道を走ってもらった。たかだか5キロ位なのだが、楽しさと疲れ方が全然違う。
やはり自転車は人力なので、人馬向けに作られた道が適しているのだ。
しかしダム湖手前の坂で、きーじぇいさんがノーマルクランクフロントアウター×リア21位で
グリグリ登ってあっと言う間に姿が見えなくなった時には本当にびっくりした
あの細い体のどこにあのパワーがあるのだろうか?
私は34×28のFINALLOWでやっとこさ大上峠への分岐に到着w

R0010602-s.jpg
古谷大橋手前で299と離れ大上峠へと左折

ここから大上峠への道も素晴らしい。自転車の天国だ。

R0010607-s.jpg
大上峠

大上峠からはバッコ~~ンとデポ地まで20km近いダウンヒル。
これもこのコースの醍醐味!でも、大上峠の逆コースはつらいだろうなw

参加された皆さん、お世話になりました。
またよろしくお願いします!

走行距離   83.8km
獲得標高  1338m

やっと着れたジャージ

昨日はひととせ師匠、チコリン嬢とのお達者倶楽部の部活でグリーンラインへ。

さて本日お披露目のジャージは、私が所属するSNSチーム「FINALLOW」で作ってもらった
「グリーンラインジャージ」である。
このジャージを初めて見た時に、GLの地図をそのままデザインにしたアイデアに感心した。
この嫌らしくない模倣センスが日本人の日本人たる優秀さなのだ。
実は8月の上旬には届けて頂いたのだが、これをデビューさせるのは「やはりGLを走る時でしょ」
と言う根拠の無い理由から今までタンスの奥に眠っていたのだが、いよいよデビューであります。

R0010443-s.jpg
素晴らしいセンスのGLジャージ、腹を凹ますのが、く・・苦しいorz

東峠から299号を渡り阿寺線を登って顔振峠へ。GLを遡り狩場坂峠へ。
今日は調子がいい、と言うか少し頑張った。いつもはずるずると遅れるパターンだが
お二人に遅れないように付いて行く。

狩場坂峠でチコリン嬢が知らない人とずっとお話しているので、流石!埼玉でも顔が広いよなぁ、
と感心して見ていると、私と見違えて話していたようだwやはりお達者倶楽部?

狩場坂から299号へと下り、そのまま正丸峠~山伏峠へ。
と、見慣れたジャージ姿のサイクリストがちょうど名栗側から山伏峠の頂上に。
おっ!コソ練中のテツ会長じゃないですか!会長と走行中ばったり会うのは2回目です^^
これも数分差であれば、どちらかは猛スピードで下っている訳なのでなかなか気が付かない。
奇遇ですね

紅葉の写真でも、と思っていたがGLでも紅葉はイマイチ。
そこで、リコーGX-100の設定を「白黒」にして撮ってみました。懐かしい感じになったかな?

師匠、チコリン嬢、お付き合いありがとうございました。

R0010435-s.jpg
東峠
R0010440-s.jpg
狩場坂峠
R0010447-s.jpg
正丸峠

走行距離  83km
獲得標高 1500m
プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。