スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二十曲峠

またまた1ヶ月ぶりの自転車で足は退化しまくりだが、昨日は師匠と前々から行こう、
と計画していた富士八景の一つ「二十曲峠」へ行って来た。
苦労して上った後のご褒美は、富士山ド~ンらしい。

R0011103-s.jpg
スタートは富士急大月線の東桂駅

このルートには途中3キロ程度のダートがあるらしいのだが、微妙な距離でもあるし
MTBでは無くランドナーを選択した。
実は最近痛感しているのだが、あんなすごいローギアがあるにも関わらず
MTBで舗装路(ダートもだが)を上るのは滅茶苦茶疲れる。
タイヤの太さ等も関係あるのだろうが、一番の原因はサスペンションショックだと思う。
私には力学的知識は無いが、あのサスのせいで推進力が相当パーセント逃げているのではないか?
サスロックもあるが完全にロックされる訳では無い。(ひょっとして私のサスフォークがおかしい?)
ともかくMTBと言う自転車は「ダートを楽しく下るため」の目的特化アイテムなのだ。

で、ランドナーだが、何回か輪行練習をしたのだがフォークを引っこ抜いたり、
マッドガード調整とかにえらく時間がかかるし、イマイチ輪行袋への収まりが悪い。
今回は苦肉の策でマッドガードを付けずに輪行する事にした。見た目はちょっと我慢

東桂駅には8時前に到着。鹿留川沿いの快適な林道をゆるゆると上る。

R0011105-s.jpg
途中、3キロ程のダート

この程度のダートであれば上りに関してはMTBよりもランドナーの方が全然楽だ。

R0011110-s.jpg
途中から8%前後の坂となり足につらくなる

R0011108-s.jpg
この外寄橋沢橋辺りから若干斜度が緩くなる

R0011111-s.jpg
雰囲気のいい道が続く後半

途中すこしきつい部分もあるが、最後は等高線に沿いながら自動車、バイクも通らない最高の道を進む。
日影も多く、あまり暑さも感じない。そして・・・

R0011112-s.jpg
二十曲峠到着!!1151m

ようやく峠に到着するが・・・雲で富士山見えず
富士山の方向以外はど・ぴーかんなのに・・・。これは再チャレンジであります。

当初は御殿場へ抜ける予定だったが、時間が早かったので道志を抜けて中央線に戻る事にする。
山中湖に下るが、何だかえらく暑い。山中湖ですらこんなに暑いのか・・・。
昨今の日本の夏の温度は異常で、知人の住むタイ、バンコクより暑いのだ。
気温が上昇し過ぎているせいか、山中湖を渡る風が何だか生臭い。

山伏峠を越えて道志道に入るが、運動不足と不摂生が響いてもう足が限界
道志道から道志ダムを通り県道76号線を行くが、ピークのトンネルまで日影も無い南斜面で
暑さにやられてダウン寸前多分、熱中症一歩手前。

ようやく藤野駅に辿り付きここから輪行。
暑さと運動不足でヘロヘロになったが、二十曲峠自体はアプローチ含めて素晴らしい所で
また是非雲の無い日にチャレンジしたい。
師匠、またまたお付き合いありがとうがじました!

帰ってシャワー浴びてうとうとしてたら、今まで経験した事が無い痛みと共に
右足太股内側が攣った。走っている最中ではなく良かったが、相当足も痛んだんだなぁ。
スポンサーサイト

東京の山奥、浅間尾根を越える林道

昨日はひととせ師匠と浅間尾根を藤原峠で越え、北秋川から南秋川へと至る
数少ない東京のダート林道「入間白岩林道」に行って来た。

五日市から檜原村役場先のT字路を右手に進み、藤倉方面に向かう。

R0011083-s.jpg
西東京バスの終点「藤倉」

藤倉を過ぎると斜度がだんだんきつくなる。
平均8%位?MTBだとロードにも増してきつい

R0011087-s.jpg
風張林道との分岐

もうここまでで既に足にキテマスorz
180度折り返して上に行くと昨年撃沈した風張林道だ。今回は直進する。

R0011088-s.jpg
入間白岩林道に突入!

しばらく行くと左側に林道入口が出現。ここからはダートだ。
最高点の藤原峠までの標高差は330m。

大体の林道がそうであるようにここも入りの勾配がキツイ。
路面も相当荒れており、走りにくい。と言うか単純に足の限界
私は無理せず何回か押して歩く。

R0011091-s.jpg
バイクも車も通らない静寂な世界

R0011092-s.jpg
この辺りでダート終了

すんごくきつい上り部分がダートで、稜線沿いのちょっと楽な部分は舗装となる。

R0011093-s.jpg
結構上ってきました

この林道でちと残念なのは上りの途中でダートが終わり、下りのダートが楽しめないところ。
ダートの下りを楽しむには逆から上ればいいのでは?と思ったが、
実際に下るとすごい斜度の連続で南側からはきつそうだ。

R0011095-s.jpg
浅間尾根登山道途中の藤原峠(数馬峠)893mが最高点

先週転んで痛めた足の状態がイマイチだったが、久々に清清しい山奥ダートランでした。
師匠、お付き合いありがとうございました。
プロフィール

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。