スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町田の里山風景

本日はひととせ師匠と秋深い町田辺りの里山を満喫して来た。
実は3~4日前までは檜原村の林道でも行こう、と言う話しになっていたのだが、
最近何故かテンションが上がらず、近場のゆるいコースで、とリクエストをしたのだ。

本日はダートも少し有り、という事なのでMTBでと考えていたが、いざ火気SETをフル装備すると
小型リュックでは入りきらず、中型になってしまう。重いリュックを背負って走るのは好きじゃない。
ロードで使用している大型サドルバックを併用すればいいのだが、キャリアの取り外し&取り付けが面倒だ。
そこで、最近出番が無かったランドナーで出撃!
いや~~!ランドナーのフロントバッグ容量は半端ないね。火気フルSETを適当に入れて
その他色々な物を突っ込んでも楽勝だ。結果、小型リュックも必要無し!

関戸橋から18号を南下し、裏道を辿って「小野路宿通」を目指す。
「小野路宿」は幕末まで宿場町として栄えた所で、雰囲気のある建築物や板塀等が保存されており
レトロファン的には嬉しい場所だ。
その道沿いにある目的地のひとつ「小島資料館」に到着するが、開館日は第一、三日曜日の
午後1時~5時だけ、と言う事で見学できず
ここは新撰組の近藤勇や土方歳三が出稽古に訪れていた、と言う由緒ある旧家。
私は新撰組の大ファンであり、至極残念。再チャレンジだな。

さて、ここから小山田城跡がある谷戸と言われる里道に突入!
普通にダートの山道ですが、道に迷って自転車を押して下った道が行き止まりだったり、
色々とアクシデントもありましたが、途中で親切な地元のおじさんに道を教えてもらい
なんとかピークの小山田城跡に到着!
小山田城の築城が平安末期の1171年との事なので、この地域周辺が結構歴史がある場所だ。

R0010702-s.jpg
ピークの小山田城跡。城跡についての説明表示はどこにも無し

ここまでは基本「押し」w。ここからは素晴らしく雰囲気のいい地道を下ります。
ひととせ師匠、思わず「こんな道を走りたかったんだよ~~!」と心の叫び

R0010705-s.jpg
落葉フカフカ、最高の地道を下る

雲ひとつ無く天気もいいし、全てが日本の里山風景を凝縮したのか?と思わせる雰囲気!
勿論、田舎に行けばこんな場所は一杯あるでしょうが、ここは東京都なのだ。
それも檜原村とか奥多摩町では無い。町田市なのである。その自治体の保存姿勢がすごいと思う。

R0010710-s.jpg
本当に東京都?その1

R0010714-s.jpg
本当に東京都?その2

R0010715-s.jpg
本当に東京都?で火遊びランチタイムw

R0010722-s.jpg
下りきった所でこれまた渋いレトロなバス停発見!これもすごい!!

その後、小山田緑地公園へ。全部は回らなかったけど、ここは家族向けの自然公園的な感じ。

R0010717-s.jpg
小山田緑地公園の見晴台。丹沢山塊の展望がすごい!富士山も見えたけど写らずorz

その後、小山田桜台脇の尾根道や戦車道等を周回して帰還。
実は私、中央線以南は全く縁が無く地理感が皆無で、走っている間どこをどう走っているのか?
全然把握出来ない状況だったのだが、帰ってからGPSのログを見て「こんな場所を走っていたのか!」
と思っている次第でありますwとりあえず、町田って坂が多い

ひととせ師匠、毎度ナビゲートありがとうございました!またよろしくお願いしますm(_ _)m

走行距離    89km







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

小野路はいい雰囲気で好きですね。
近場の里山で交通量が多い幹線道路が近いにも関わらず自然がいっぱいで
素晴らしいところですよね。

谷戸は、あまり奥まで行きませんでしたが、いい感じですね。
こんな風景にはランドナーがお似合いです。

No title

日本の秋は素晴らしい。
こういう所とても好きです。

No title

町田って坂、多いでしょう!
なので帰りはイヤになってしまう。

ログを見たいな。町田の住人ですが、知らない風景が一杯です。
まあ、地道だと入っていかないからなあ。

お世話になりました。

風が少し強かったですけど、結構楽しめましたね。
青空がドーンと広がって気持ちのいい一日でした。
東京にもまだまだいいろころが残っていると再認識した次第。
最後の写真、富士山映らず残念。

No title

町田って言われなければとても東京都とは思えませんね。
旅情派な私としては是非とも走ってみたいですよ。

No title

ジークさん

小野路は初めて行きましたが、なかなか情緒ある所でした。
平成25年オープン予定で保存記念館を建築中でしたよ。

谷戸周辺はロードでは厳しいですが、ランドナー的には最高でした^^

No title

夢ライダーさん

本当に日本の秋の里山が凝縮されたような場所でした。
少し行けばベッドタウンなのですが、単純に自然が残っていると言うより、
実際に農業も営まれている感じも含めて素敵な場所でした。

No title

kikyoさん

本当に町田は坂が多い!(ナビゲーターがわざとそういう道を選んだという疑惑もありますがw)
ツーリング帰りで最後にあの坂は足に響きますね。
でも、kikyoさんはこんな道ばかり走っているので坂に強いのか?と思いましたけどw

ログはどうやって送ろうかな?4040のメッセージで送れるかな?

No title

ひととせ師匠

毎度毎度素敵なコースをご紹介いただきありがとうございました。
関東地方はどこも1日中風が強かったようですが、山に囲まれた場所にいたので
あまりそれを感じなかったですね。昼食時等はポカポカする位で、背中が暖かかったw

No title

きーじぇいさん

町田もベッドタウンとして栄えてますが、こんな所もあるんですねぇ。びっくりしました。
是非、宅地化に飲み込まれずこういう場所も残して欲しいと思いました。
小野路も含めて旅情派きーじぇいさんには絶対にストライクな場所ですよ!

No title

いいですねぇ、素晴らしい里山風景。
子供の頃に遊んだ場所もこんなとこでした。
ランドナーが風景に溶け込んでますね。
いつか案内してください。

No title

サトシさん

我々が子供の時と違って本当に周辺の自然が少なくなりましたね。
先日、幼少期にバッタを追いかけたりカブトムシを捕っていた思い出の場所(練馬区)に
行きましたが、その雑木林は全部マンションと宅地になってました。
経済的な必然もあるでしょうがちょっと寂しい><

今度また是非ランドナーでまったりランをしましょう!^^
プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。