スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅野木峠に地獄を見た

別に木枯し紋次郎じゃござんせんw

さて、今回からのNEWアイテムは心拍計である。
POLAR-FS2cという物。自転車専用で色々な機能が付いている物はえらく高価だが、
これは心拍計に特化しており、価格もお手ごろである。

実は自転車を再開し、過去数回のサイクリングで、私の欠点は「心肺能力」である事が判って来た。
坂道を登るとまず、足よりも先に心臓がバクバクとなり、運動行動停止となるのだ。
あまり無理して無酸素状態で頑張っても、体には逆効果だと言うし、心拍数を把握したかった。
年齢から逆算して、最大心拍数を160にSETする。
ウルトラマンのカラータイマーではないが、この数値を越えるとピーピーと教えてくれる。
つまり、休む口実が出来るのだ!実はこれが目的w

polar.jpg
「POLAR-FS2c」

本日はひととせ師匠PRESENT「初心者可愛がり、峠満喫ツアー」である。
言うまでも無く、初心者とは私である。さぼり監視の同行者はジークフリートさん^^

待ち合わせは、羽村取水堰にある玉川兄弟像前。このあたりは桜の名所で、まだ時間が早いのに見物客が結構多い。
対岸の滝山街道に渡り、大荷田川沿いのひなびた林道を二ツ塚峠方面に向かう。
いや~この林道、とてもナイスなロケーションで「ここ本当に東京都?」という佇まい。

R0011721.jpg
途中の鄙びた農家、こんな暮らしもいいかも^^

だんだん勾配が急になってくる。お二人は会話をしながら余裕で登っているが、
私にはそんな余裕は無く、相槌を打つのが精一杯><
秋川街道に出て二ツ塚峠に向かう坂では、既に目一杯となるが、カラータイマーが点滅しない><
しょうがないので、ヘロヘロと峠へ到着。

坂本まで下り、次は梅ケ谷峠へと。ここでも心拍150以上にはなるが、カラータイマー点滅せず;;
仕方なく、またもヘロヘロになりながら峠に到着。
少し戻った所から肝要林道へ。正式名は「林道西の入、オホバ沢線」と言うらしい。
ここも車は全く入って来ず、誠に雰囲気のいい林道なのだが、私には景色を愛でている余裕は無い。
途中、斜度15度位になった所でやっとカラータイマー点滅!速攻で足を付き休むw
2回ほど休み、ヘロヘロの極地となり、ようやく峠に到着。
ここから「奥多摩、秋多線」に下り、梅野木峠を目指す。
途中、「つるつる温泉」あたりから勾配が急になり、足が言う事をきかなくなり、
カラータイマー云々言っておられず、何回も休む><

今までの休みとは違った状況である。心拍数は極限まで上がっていないのだが、とにかくペダルが重い。
途中で、ミニベロやMTBにも抜かされてしまった><
師匠が「結構きついよ」と言っていた8合目あたりの斜度17度位の連続場面では、
ついに踏む事が不可能となり、押す(涙)

この坂を過ぎたあたりで、お二人が頂上から戻って来てくれて、再度一緒に登ってくれる。
う~~ん、なんて優しい人達なんだ(涙)本当に感謝ですm(_ _)m

R0011724.jpg
ようやくたどりついた「梅野木峠」

この峠は日の出町主催のヒルクライムレースが行われていて、次回は4/25にあると言う。
平均タイムはなんと35分!!(8km、標高差419m)最大斜度11度とあるが、これはウソだな。
私の最新(ウソw)アナログ斜度計は確かに17度を記録していた。(VDOのメーターは何故か15度だったが)

ここから、五日市に向かってダウンヒル。
しかし、下り坂であろうと、平坦地であろうと、何故か足が重くてペダルが回らないのだ。
今まで色々な方のブログで「足を使い切った」「足が終わった」等と言う表現があって、
そこまで追い込んだ事が無いのでどういう事か理解出来なかったのだが、身に沁みて実感できたです><

R0011732.jpg
昼食は武蔵五日市駅前の「やまねこ亭」で

美味しいカレーを頂いたが、私にはそれよりも、最初に出て来た冷たい水、コンソメスープ、紅茶、
そんな物が堪らなく美味しかった。体が水分を欲していたのかな?

食後はまたまたミニ峠。こんな峠でも本日は非常にきつい!

R0011735.jpg
今や自動車が通る事も無い、雰囲気のいい旧小峰峠

帰りは下り基調の秋川街道から浅川CRと走りますが、向かい風でこれまたきつい。
師匠を風よけとして活用しようと思うのだが、30~40kmで飛ばす師匠がどんどん先に行ってしまい、
全然風よけとしての役に立ちませんw

ひととせ師匠とは四谷橋で、ジークさんとは中河原駅付近でお別れし、一人になった途端に
ヨロヨロと20km位で府中街道を北上し家を目指す。
途中、コンビにで500ccのカルピスウォーターを一気飲みw

お二人はこれから夜、飲み会だと言う。
この人達の辞書には「疲労」という文字は無いんかい!^^

帰ってからシャワーを浴び、足がだるいので横になったらそのまま3時間程寝てしまった><

ひととせさん、ジークさん、色々とご迷惑を掛けましたが、これに懲りずにまたお願いします!m(_ _)m

しかし・・・・今、自分の足が自分の物じゃ無いような変な感じです><

R0011728.jpg

走行距離 111km




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日は、」お疲れ様でした。

峠のフルコースは、楽しかったですね。

しかし、疲労感たっぷりで夜の部に突入しましたので二次会はほとんど寝ていましたよ。
そして、今日も疲労が残っています(笑)

疲れない程度のボチボチがいいですね。
またよろしく。

お疲れ様でした

昨日はお疲れ様&お世話になりました。
アンヨ売り切れ、ご愁傷様でした。
押しも入っちゃったけど、最初はそんなものですよ。
step by step気長にのんびり、SB活動しましょう。笑
またお願いします。

PS
昨夜の帰宅は25時、流石に今日は午後だけの自転車活動になりました。

No title

ジークさん

本当にお世話になりました。

やはり飲み会では寝ましたか!
私だったら、床に寝てると思いますw

ひととせさん

いつも面倒見ていただき感謝感激です^^

「アンヨ売り切れ」と言うのを初めて体験しましたorz
平地でも、ペダルが激坂のように重いんですよ・・・><

何年経っても師匠のようにはならないと思いますが、
今後も宜しくお願いします!

No title

最後の桜写真、素晴らしいですね。
これでもか!ってくらい咲いてるし。

かなり苛められたみたいですね(^_^;)
K田さんの気持ちと体の疲れ具合は痛いほど良くわかります(笑)
でも私よりは体力あるみたいから、大丈夫です! 望みはあります。

No title

サトシさん

師匠曰く、あれは「苛め」では無く「可愛がり」だそうです^^ ほんとかよ!w

写真もサトシさんのようなナイスな物が撮りたいのですが、体がヘロヘロで構図を
考えている余裕が無く・・・というのはウソで、へたくそなだけですw

サトシさんも今度一緒に「可愛がられ」に行きましょう!

サドルバッグ

こんにちは。

梅の木峠は、激坂パートが肝ですかね。あそこさえ乗り切れば、いいかもです。
峠に行く時は、もう少し、小ぶりなサドルバックの方がいいと思いますよ。必要最低限だけにして、軽くした方がベターですよん。
平地のロングを走る時には、補給食とかたくさんいれられるのでいいですよね。ブルベライダーでも愛用者が多いようです。

No title

NARUさん

どうもです。実は師匠にも同じ事を言われています^^
初心者によくある事らしく、何故か荷物が多くなってしまいます。
一番の問題は、保険で輪行袋も持っている、というヘタレな所だと思います;;
次回から100キロ程度であれば、極力荷物を減らしてみようと思います。

私も輪行袋携帯してます

K田さん
ひととせさんにも言われていたんですね。サドルバックの中には輪行袋が入っていたんですね。でも、私もいつも輪行袋携行してますよ。峠の帰りの疲れてきた夕方に市街地を走るのが嫌だから(集中力切れてきて危険なので)、川越or飯能あたりから輪行で帰ってきてます。ブログのTREKの写真みてもらえればわかると思いますが、ボトルケージに輪行袋つけてますよ。
輪行袋はボトルケージに収まるサイズもありますよ。難点は、夏になるとWボトルが出来ないので、800CCの大き目のボトルを使い、背中のバックポケットにはペットボトル入れて対応してます。

輪行袋

NARUさん

そうですよね!そうですよね!輪行袋は必要ですよね!^^
NARUさんのような人に言われると説得力がありますw

しかし、私のフレームは昔のクロモリなのでシートチューブにボトルケージの穴が無いんですよ><
そこで先日、ゼファールの後付ボトルケージバンドを入手したので、うまく活用しようと思っています。
ただ、それをやるとせっかく買ったシートチューブに収納できるインフレーターが無駄に・・・。
まぁ、今度フリマで売ろうかなw

はじめまして

こんにちは
来月、日の出町ヒルクライムミーティングに出るので、私も今日梅野木峠に試走に行ってきました。
最大斜度11%という話だったので平地用スプロケで行ったのですが・・・見事撃沈しましたw
edge705様が斜度17%と宣われたので誤作動かと思ったのですが、ホントに17%ありそうですね。
来月大丈夫かな~。

No title

忍猫さん

はじめまして!ご訪問ありがとうございます。
さて、梅ノ木峠の最大斜度11%と言うのは絶対にウソですねw
もしくは、表示形式が一般的な物とは違うのか、ひょっとして「平均斜度」なのかもw

「日の出町ヒルクライムミーティング」是非、頑張って下さい!!

No title

>「日の出町ヒルクライムミーティング」是非、頑張って下さい!!
とりあえずスプロケを12-27Tに交換、前半押さえ気味で足着かずに完走を目指そうと思います。
残り一ヶ月トレーニング頑張ります!
プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。