スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@6メートルの峠越え

本日の師匠プレゼンツお山連は、五日市奥から○○林道で標高994メートルの峠を越えて
奥多摩に抜けるコース。師匠作成「K田リハビリプログラム」はだんだん厳しくなってくるような・・・
さて、何故林道名を伏字にしたか?と言うと、五日市側だけにゲートがあったのだ。
多分、自動車に対する措置だと思うが、とりあえずね^^

神戸あたりから、本格的な上りが始まります。既に足はパンパン><
神戸岩の名物トンネルは、照明も無く、途中でカーブしているので中は真っ暗です。
10m程進んで、あまりに真っ暗で下も全然見えないので、いくら何でもこの暗闇はなんじゃ!
と思っていたらサングラスをしたままだった師匠に気が付かれない内に素早くはずす(笑)
R0011810.jpg
真っ暗な神戸のトンネル。一人だったら歩きだな(笑)

しばらくして私にアクシデント
インナーローでひーこら漕いでいる最中に、急にトルク感が喪失。
チェーン落ちか?と思ったが、ギアチェンジもしていないし、変だな?と見るとチェーンが切れてる!!orz
こう言う場面では、必然的にコケルのであるが、何故かこの時には右側のガードレール沿いを走行しており
ガードレールにしがみついて転倒を避けられた。
運良く、ミッシングリンクを持参しており、応急処置を施す。しかし、チェ-ン切れなんて初めてだ。
先日のブログで、「パンク実績ゼロ」、なんて自慢したとたんにこれだよ!><
神様は見ているんだね。人間、謙虚じゃなくちゃいけないね(笑)
R0011811.jpg
珍しいアクシデント、チェーン切れ

その後もヘロヘロと上って行きます。
この林道はとにかく距離が長いので、足付き云々言っている状況ではありません。
斜度も、最大15%位なのですが、インターバルなどという情け容赦は無く、8~12度がず~~~っと続きます。
ただ、師匠が私の心が折れそうになりそうな地点で待機してくれて、それを目指して頑張ります!
多分、一人だったら2倍は時間が掛かったと思う。師匠!お気遣い感謝です

そうこうしている内にピークに到達!
なんと表現したらいいのかな?すごい「達成感」!何年ぶりだろこんなの。
R0011814.jpg
一応ピーク名は伏字w しかし、994mかぁ。@6mで1000mなのに!

下りは、奥多摩側の道が相当荒れており、気を遣います。
ず~~っとブレーキレバーを握りっぱなしで、握力が限界に近くなった所で411号線にようやく出ます。
高校生の時、奥多摩側からランドナーでまだダートのこの峠を越えたんだよなぁ。
若いって素晴らしい!!

帰りの青梅街道はえらい向かい風で、下りなのに全然スピードが出ません><
これから何個か峠を越えて名栗に行く、と言う師匠とは軍畑で別れて吉野街道を下ります。
途中、二ッ塚峠への道を右折。実は、4/10に師匠とジークさんに連れて行ってもらった
大荷田川沿いの林道を再訪したかったのだ。でも、一人で走ると二ッ塚峠も結構きついです(;;
R0011817.jpg
本当に雰囲気がいい、大荷田川林道(勝手に命名)。お奨めです

羽村を過ぎたあたりで昼食をとっていない事に気付き、「三代目哲麺」と言うラーメン屋に。
R0011822.jpgR0011820.jpg
私が大好きな「ラーメンTETSU」と関係あるのか?と思ったが普通の博多ラーメン屋でした

さて帰りに、瑞穂あたりの車があまり通らないマイナーな道を自宅に向かっていると
何やら見覚えがあるウインドーブレーカーを着たロ-ディが対面から・・・。
なんと!名栗を巡回して来たと言う師匠ではないか!いや~~奇遇だなぁ。
こんなマイナーな場所で、時間的にも何千分の1かの確率で遭遇するとは・・・・。

変な縁ですだ

R0011807.jpg
渓流沿いを走る素晴らしいロケーションの○○林道

121km












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。

○○林道は、まだ再訪できていませんので、是非また行きたい林道です。
毎週のように鍛錬されているので、体重は減少して、脚力は増加しているでしょうね。

また、折をみて3人で行きたいですね。その時は抜かれないようにしなきゃ(笑)

No title

ジークさん

毎週走ってはいますが、体重はまだ1kgしか減りません(涙)
運動にプラスして、食生活(酒生活?)も変えなくちゃ、ですね。
師匠に聞きましたが、ジークさんは未だ高校時代の体重を保っているとか・・・。
秘訣を教えてもらいたいです^^

是非、今度は三人で再チャレンジしましょう!
@10kg減量したらジークさんを抜けるかな?それでも無理だろうなぁw

プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。