スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五日市巡回・峠満喫ヘロヘロ行

昨日は、師匠と裏和田に行って来た。
和田峠は、表よりも裏の方が楽、と言う事だがどうなる事やら・・・。

あきる野のセブンで待ち合わせて五日市方面に出発!
橘橋交差点を左に折れ、檜原街道を上川乗へ。
基本的にずっと上り勾配であり、且つ私にとっては巡航スピードが高いのでここまでで既にきつい(笑)
ここから左折して甲武トンネルを目指すが、99%の車やバイクは奥多摩周遊道路方面に向かうので
立派な道の割には車が少なく走りやすい道だ。
師匠曰く、「甲武は楽だよ」との事であるが、嘘であった(笑)
R0011885.jpg
ひーこら言いながらやっと甲武トンネルへ

甲武トンネルは交通量がほとんど無いのでいいのだが、結構長くて狭い。
正丸トンネルのようにダンプがバンバン通るのなら避けたいトンネルだ。
R0011887.jpg
少し下ったビューポイントで。冠雪の富士も見えたが望遠じゃないと空の色との判別不能

ここから山間の道のアップダウンを繰り返して和田峠の上り口へ。
実はこのアップダウンも結構きつい><
和田峠道では途中からちぎれてフラフラと上りますが、途中で若者ローディに
「こんにちわ~~」と元気良く声を掛けられつつ追い越され、その途端に真っ直ぐな直線の坂が
視界に入り、心が折れてお休み
標識で6kmとあった地点より既に6km来たのに、遥か上方に続く九十九折れの白いガードレールが
視界に入り、再度心が折れてお休みあの標識、2kmは狂ってるぞ!真面目にやれ!国土交通省!
ようやくフラフラになりながら頂上に到着!あ~~きつい!
R0011888.jpg
和田峠頂上。手前の3個の石が邪魔して自転車が水平にならん!w

和田峠より醍醐林道に入るが、またまた登りで和田峠で疲労した直後の足にはつらい。
どうも私の体は持久力に欠けているようだ。長い醍醐林道を下り、盆堀林道へと入る。
醍醐林道も盆堀林道もゲートがあり、車は居ないので安心して走れるが、
その分道が荒れており(一部ダートもあり)特に下りは気を遣う。
R0011890.jpg
一瞬ピークか?と勘違いする盆堀林道のトンネル。思わせぶりだよ!

R0011892.jpg
ようやく入山峠に到着!

峠には五日市からMTBで上って来た、と言う推定年齢70歳以上の男性がいらした。
ほとんど押して来たとおっしゃっていたが、その意気や良し!である。
私もあの年齢までそういうモチベーションを持てるだろうか?
R0011893.jpg
切り通しでいかにも峠、という雰囲気の入山峠&撮影中の師匠^^

さて、盆堀林道の下りで身体的アクシデントが発生した。
実は、5/4にグリーラインからの帰りに権現堂線を下っていた時と全く同じ症状だが、
視界がなんだかおかしくなって来る。片目づつ手で隠すと、右目に薄いシルバーの
キラキラした幕のような物が掛かっており、全く見えないのだ。
ただ、前回もそうだったが、10分位すると回復する。
権現堂線では水分不足でめまいでも起こしたか?と思ったが今回は涼しい位で水分とは全然関係ない。
同じ症状が2回も起きるのは気になるので、今度医者に行って来よう。
歳を取ると色々とあって困ったもんだ

武蔵五日市で師匠とお別れし、風が出て来た中をヘロヘロと自宅へ。
走行距離138km。今までの最長不倒距離だ(笑)
師匠、お付き合いありがとうございました。

138km
















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です

お疲れ様でした。

裏和田は、表に比べて楽なのは、斜度が楽というだけでしょか(笑)。距離は、裏の方が長いですからね。ちなみに、表は10回以上登ってますが、裏は2回しかないかな。

だいぶ、自転車のシルエットが変ってきましたね(笑)。
デカサドルバックより、荷物が分散されて、登りやすくなりましたか?

No title

これで何週連続ですか?(@_@)
もう手の届かないところに行ってしまいましたね(笑)

↓の天目指峠の写真をアップしていただき、ありがとうございます。
やっぱり、行っておけばよかったなぁ。鳥首峠、ありましたねぇ。

ダートの峠ってもうほとんどないですよね。
大弛も30年前はダートだったけど、今じゃ舗装みたいですし。

目のかすみ? 心配ですね。
でもきっと大丈夫ですよ。

No title

NARUさん

裏和田はあれで斜度が楽なんですか!!orz
上の方に行くと、わざわざ13%とか11%とか言う標識があって、
折れかかっている心に拍車をかけてくれます><

携行品関係は、ほとんどNARUさんのアドバイスを採用させていただいております^^
どこに行ってもきついので、上りが楽になったかは不明ですが(笑)、
太股がバックに当たらなくなったので、足が回しやすいのは確かです。

また色々と教えて下さい。

No title

サトシさん

いえいえ、まだまだ全然ダメですよ~^^
私が上っている姿を見たら、あまりに遅くて笑っちゃいますよ!(笑)

しかし、本当にダートの峠は少なくなりましたよね~。
せっかくMTB買ったのに、シングルトラックの山道しか走る場所が無い、という感じです><

目ですが、医者に行ったら「閃輝暗点」という物で、目自体には異常が無く
あまり心配いらない、と言われました。ご心配お掛けしました。

プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。