スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩新緑森林浴ウォーク

昨日は、ハイキングクラブの奥多摩湖ウォークに参加して来た。
前回の大岳山と同じく、同年代6人のメンバー。
奥多摩駅発8時35分のバスは、2台体制でそれも超満員でびっくり!
今までハイキングと言うと、中高年の女性と定年退職後の男性がほとんどだった気がするが、
結構若者も多く意外な感じがした。
報道では、若者の自動車離れ等も聞かれるようになり、自転車の人気もその一端かも知れないが、
日本全体が遊びも含めてエコ志向になっているのかな?
R0011945.jpg
小河内神社で下車。ドラム缶橋を渡る

通称「ドラム缶橋」だが、以前はまさにドラム缶に木を渡した粗末な物であったが、
現在はプラスチックのブイにアルミ製の立派な通路が渡してある。

2km程歩き「山のふるさと村」に到着。ここで雨がパラパラと降り出し、ザックカバーを装着。
しかし、皆さんのザックやらシューズやら雨具等の装備が前回と違ってグレードアップしている。
やる気十分なのである^^
R0011951.jpg
いよいよ「奥多摩湖いこいの路」へ

実は私が持っていた2003年度版昭文社の地図にはこの道は記載されておらず、ただ「通行禁止」とある。
どうやら小河内ダム完成50周年記念として整備され、2007年頃から一般開放された道のようだ。
R0011954.jpg
「奥多摩湖いこいの路」風景

基本的にフラットで、整備もされており歩きやすい道であるが、先頭を行くH夫妻が絶好調でペースが早い^^
遅れないように一生懸命に歩きますw。後でGPSデ-タを見せてもらったが、時速5kmだったそうで、
これは普通のアスファルト道をスニーカーで歩くのとほぼ同じスピードだ。早かった訳だ。

ただ、今回は7分のズボンを履いて来たのだが、何故か靴の中に小石がドンドン入って来てえらく歩きづらい><
途中で止まって靴を脱いで石をかき出し、小走りで遅れた距離を巻き返す、という繰り返しで結構疲れたw
しかし、これでニッカボッカが廃れた原因が判ったぞ!靴の中に異物が入るからに違いない!

途中の昼食では、ひととせ師匠台湾おみやげのカラスミをいただく。
大変美味しかった!が、日本酒が欲しくなる味だw
昼食後は天気も良くなり、森の中の森林浴ウォークが清々しい。
R0011964.jpg
奥多摩湖に流れ込む支流には橋がかかる

ダムが見えて来るが、ここからが結構距離がある。
「入り江」と勝手に名付けた、湖の窪みに沿って道が展開しているのである。
この何個かある「入り江」が意外と奥深いので、なかなかゴールに着きそうで着かない所がミソ。
R0011966.jpg
いい加減歩き疲れた所でダム到着

R0011968.jpg
ひととせ氏が近寄らなかった展望台の窓からw

フラットな道とは言え、14kmもハイペースでダート道を歩いたので足がだるいっす^^
前回、10年間放置してあった革の登山靴で指先を痛めたので、4日に1回はミンクオイルを塗って
革を柔らかくしたつもりだが、こういう道でもやはり小指が痛くなった。やはりダメだなこの靴。

その後、奥多摩駅まで戻り「もえぎの湯」に行くが、満員で入れなかったのが無念><
立川で反省会をして解散。
ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

時速5km/h・・・速すぎ~!(笑)
もっと景色を見ながらゆっくり行かないと(^_^;)
私は廃探しながらだと・・・時速1km/hくらいかも。

おつかれ

K田さん
お疲れ様でした。
参ったことが二つ、一つは靴に入る小石と枯葉、もうひとつは温泉に入れなかったこと。
次回は長ズボンかな・・・
温泉は熊本で入れました。笑

No title

サトシさん

なかなかのハイペースでフラットとは言え、いい運動になりました^^
時速5kmと言うと、私が自転車で坂を登っている速さと同じ位かも知れませんw

ご馳走様でした^^

ひととせ師匠

お疲れ様でした。そして、ご馳走様でした!
カラスミなんて自分で買って食べるような値段の食い物ではないので、
10年ぶり位に食べました。日本で買うと諭吉さんが飛んで行きますので・・・。

また、台湾出張楽しみにしてますww


No title

週末はトレッキングでしたか?
同じような事をしていましたね(笑)

裾が短いズボンだと、何故に石が靴の中に入るのでしょうかね?
真夏でも山は長ズボンが、色々な意味で安全かと思います。

しかし、自転車でもトレッキングでも自然の中は、最高の癒しですよね。

No title

ジークさん

やはり我々は行動の指向が似ているんですかね?w
山歩きも自転車と違った楽しみがあり、昔から大好きです。
特に展望のあるピークでゆったり飲む紅茶は最高です^^

今回の道は、特に小石多く大変でしたが、少しきつい所に行くと
安全の意味でも素肌を露出しないズボンがいいですね。




プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。