スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫に小判か? 新兵器ゲット!

KUOTA KHARMAは、どこと言って不満は無いのだが、前回のツーリングでひととせ師匠の
「カンパシャマルウルトラⅡ」を借りて走った時の印象が強烈だった。
「あ~~軽いホイールってこんなにも違うんだな」と・・・。

ただ、前後1500gを切るようなホイールは、す~~ごく高価で10万以下の物はまず無い。
重量と価格は、基本的には反比例の線を描くのである。
ホイールに十数万出すような余裕は無いし、いつも言っているように私のような
初心者激遅ライダーが、そんな高価な部品を付けていても馬鹿にされるだけなのだ。

しかし、最近何かとお世話になっている「ルート610」の店主から「すごく軽くて、剛性感も良くて、
おまけに激安のホイールありますよ」と・・・。
それは「LIGHTNING ALPIN」

先日、入荷した、との事で本日早速GETしてきた^^
重量はなんと!1330g(カタログ値)、価格は定価で¥52500!
シマノのデュラ(1386g)やフルクラムのレーシングゼロ(1435g)よりも軽いのだ。
しかしながら価格は3分の1位。価格破壊と言うか、既成概念への殴り込みである。
ここまで話がうまいと、剛性感やら走行感に不安も感じるが、NETでの評判も非常によろしいし、
何よりも「ルート610」の店主が自分のスペシャライズドTARMAC SL-2と言うガチガチの
レースバイクで愛用していて、「すごくご機嫌な剛性感!」と言うのだ。
私が「ご機嫌」と感じるかどうかは別として、またまた買ってし魔王降臨である

このホイールは昨年あたりから販売されているが、GETしたのは今年から初登場のカラーとなる
シルバーバージョン。ホイールには「LIMITED EDITION」とある。
これが本当に限定品かは不明だが、私は「初物」とか「限定品」には弱いのだ
最近、部品も何故かブラックやホワイトにペイントされた物が多いが、アルミはアルミらしく
シルバーが潔いではないか!

家に帰って早速セッティング。タイヤはひととせ師匠お奨めのパナRACEtypeDにした。
見た目はシンプルでカッコいいとは思うが、逆に言うと地味。例えばカンパのような「華」が無い。
しかし、持った感じだけで今までのMAVICアクシウムとは重量感が全然違う。
試しにタイヤをSETした状態で重量を量ると、前輪でマイナス330g、後輪でマイナス260g、
合計590gの軽量化に成功!ただ、この内の100g位はタイヤでの軽量化である。
パナDUROは耐パンク性に振ったタイヤで決して軽量タイヤでは無いが、デフォのケンダのタイヤが
いかに重かったか、と言う結果も出た。

まぁ、冷静に考えると、これで速く走れる訳でも無いのは重々承知だが、サイクルスポーツ紙に
こんな言葉が書いてあった。

「よく『機材じゃなくて足だ』なんて言われますが、それは本当に強い人のせりふ。
われわれは機材に左右されるんです」


私が文中の「われわれ」以下の範疇にカテゴリーされる不安はあるが、買ってし魔王の言い訳として
けだし名言ではないか!

20100812.jpg

つーか、乗らないと何にもならないよなぁ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カーボンフレームと軽量ホィールでもう敵無しの装備になりましたね。
しかし、凄いホィールがあるのですね。是非、一度拝見させてくださいね。

No title

ジークさん

敵は一杯いますww
とにかく足を直して、早くジークさんのような活動をしたいです・・・。

多分、高価なホイールと違ってどこかに弱点があると思いますので、
次回、試走の際に調べて来ます。

活躍しそう

ども、
現物拝見したところ、軽そうでよさげ。
武器になりそうですね。

No title

ひととせ師匠

身に沁みて判りました!
やはり、自転車はエンジンだと・・・><
また訓練再開しますです^^
プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。