スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪しい中年探検隊(ニッチツ鉱山編)

昨日は、平日休みも残り少なくなってきたひととせ師匠にお付き合いしていただき、
志賀坂峠~八丁峠~ニッチツ鉱山、という行程を走って来た。
同行者は、再びタフネスchicoryn嬢!

実は、前回秋葉街道に行った時に、「どこに行きたいか?」と言う話しになり、
私が「ニッチツ鉱山を見たい!」と希望した所、二人共賛同してくれたのだ。

実は25年位前に、2回程見た事がある。
1回はバイクツーリングの途中。もう1回は両神山登山のための自動車デポの途中。
2回共時間の余裕も無く、単独行動でもあり、何となく雰囲気が不気味でそのまま
通り過ぎてしまった。
しかし、毎度素晴らしい写真をアップしているジークフリートさんが昨年ブログに書いていたので
大変気になっていたのだ。
ただ、昨今の廃屋ブームで話題になっている事もあり、土日は結構人が訪れるらしい。
そこで「あやしい中年探検隊平日の部」なのだ^^

一番早いレッドアローで西武秩父へ。
「秩父ハーツ橋」を渡り、小さな丘を越えて299号に出るが、
ひととせ師匠、橋を渡る時は何故かペースが上がる^^
人間、嫌な境遇からは早く逃げたいのか?ww

299号も小鹿野の街を越えるまでは全くつまらない道だが、だんだんと車もいなくなり
左右に山々が迫って来ると、大変いい感じの道となる。
R0012321.jpg
車も皆無で走りやすい299

バスの終点でもある坂本の集落を過ぎると、九十九折れの本格的な登りとなるが、
自動車が非力だった頃の昔の道路なので、それ程きつくは無い。
R0012325.jpg
途中のビューポイント。いや~~登ってきたなぁ!と感激^^

志賀坂峠の道標が埼玉県側には無かったので、トンネルを渡って群馬県側に行ってみるが、
やはり無かったw
R0012330.jpg
群馬側から埼玉側を望む

埼玉側トンネルの左側から八丁林道に入る。
「通行止め」とか「通行注意」とかの看板が混在しており誠に紛らわしいが、
ゲート等も無く、現在は通行に支障は無いようだ。

八丁峠への道は、志賀坂峠への道よりも斜度的にはるかに厳しい。
師匠のガーミンが頂上トンネルまでの距離を教えてくれるが、直線で2kmから
なかなか数字が減らずに、途中でお休み。
志賀坂峠から約6kmで、ようやく「八丁トンネル」に到着!
R0012331.jpg
約900mもある、長くて暗い八丁トンネル

ここで帰りのルートについて3人で相談する。
ニッチツ鉱山まで下って、そのまま大滝方面に下れば何も問題が無いのだが、
師匠が滝沢ダムの先にあるループ橋を渡るのは絶対にいや!と言うのだ^^
高所恐怖症の人の感覚は、本人にしか判らない奥深いものがあるのだろう
で、彼は八丁峠を登り返して帰る、と言うのだ。
ところがニッチツ鉱山から八丁までは、志賀坂から八丁と同じ距離と勾配がある。
はっきり言って純粋なSBでは無い私は、下った坂をそのまま登り返すのはNGだ。
そこで折衷案として、ジークさんも通った「大峰トンネル」案を提案し、採択に至る
ただ、ニッチツ鉱山へとすごい坂を下った所で、師匠も私の提案が正しかった事を知るw

最盛期は3000人の住民がおり、小学校も病院もあったと言うニッチツ鉱山であるが、
現在は数十人が常駐しており、規模を縮小し稼動している。
R0012334.jpg
戸建の住居跡

R0012335.jpg
昔はアルミサッシなんて無かったなぁ

R0012338.jpg
巨大な集合住宅(独身寮?)の跡

R0012341.jpg
共同浴場跡。何故か女湯のガラスが割れている・・・

R0012344.jpg
現在も営業中の郵便局

私が見た25年前は、鉱山本体の採掘建造物自体が古ぼけていて、赤サビだらけの世界で、
それが不気味さを一層際立たせていたが、最近建て替えたのか、新しい建築物も結構有り、
その面ではあまり不気味さを感じなかった。

その後、中津川林道への分岐を左折し、ループ橋では無く大峰トンネルを越える。
しかし、このトンネルは2200mもあり、さらに中央線にはポ-ルがあり、
大型車は自転車を追い越す事が出来ないので、えらくプレッシャーが掛かる。
幸い通行量が少なく、後ろから来た車は2台だけで何とか事無きを得たが、
一般的感覚では、ループ橋よりも10倍は怖いと思う

秩父湖、二瀬ダムを通り、道の駅「大滝温泉」で遅い昼食。
普通の手打ちのもりそばを食べるが、これが美味しい!
私の好きな、そばの実の甘皮を一緒に挽きこんだ、少し黒くざっくり感がある物で、
道の駅で食べたそばの中では出色である。

R0012350.jpg
なかなか美味しい「大滝温泉」手打ちそば

ここからはひたすら140号線を走り、西武秩父駅へ。
レッドアローを待つ間と、車内で2回も反省会

所沢に着くとなんと雨!
しばらく雨宿りをしていたが、全然止む気配が無いので、ずぶ濡れになって帰宅><

ひととせ師匠、chicoryn嬢、色々とありがとうございました!
また宜しくお願い致しますm(_ _)m

走行距離  98km
獲得標高 1388m




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様

お付き合いありがとう。
帰り雨の中走ったんですね、大変でしたね。
アタシは、鷹の台で下りたら雨は降ってなくて、ぬれずに帰れました。ラッキー!

No title

怖い思いをされましたね。
ワタシもトンネルは怖いです。
滝沢ダムの対岸は周回路があった記憶がありますが、通行できないのですかねぇ。
それならトンネルも高架も無くていいんですね。

No title

お疲れ様でした。

参考にしていただき嬉しい次第です。
あの長いトンネルは2度と通りたくない怖いトンネルですよね。

次回はループ橋を走るつもりです(笑)

No title

ひととせ師匠

お世話になりました!
家に到着してからも約3時間は降っていたので、
地域限定集中雨だったのかなぁ><

次はループ橋にチャレンジしましょう!w

No title

らんたさん

自動車相互通行がやっとのトンネルを走るのは本当に恐怖ですよね><
滝沢ダム対岸にもちゃんと道路がありましたが、
中津川大橋を渡った所にえらく頑丈なゲートがあり、入れませんでした。
地図を見ると「一般車通行禁止」となっており、
ダム関係者用道路かもです。

No title

ジークさん

写真が素晴らしいのか、構成がいいのか、ジークさんのブログは
本当に旅情をかき立ててくれます^^

当初ひととせさんは、あのトンネルは自転車の通行が出来ないと
思っていたらしく、私がジークさんのブログを見ていなかったら、
八丁峠を再度登り返してみんなで討ち死にするところでしたw

私も次回は大滝温泉待ち合わせでループ橋を走りますw
プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。