スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ランは青梅七福神めぐり

昨日は本年初ランに出掛けてきました。
お付き合いいただいたのは、廃屋探検隊のメンバーでもある、ひととせ師匠とchicoryn嬢。

待ち合わせは毎度の玉川兄弟。ひととせ師匠は銀輪庵スポルティフだ。
まずは時間調整のため、青梅市街に向かう。
青梅市は甲州裏街道として栄えた青梅街道の宿場町で、廃屋探検隊的に何かいい発見が無いかな?
という目的があった。すると・・・

R0012828-s.jpgR0012830-s.jpg
青梅その1、こんな感じやら
R0012832-s.jpgR0012833-s.jpg
青梅その2、こんな感じで

街中がノスタルジック映画の看板で溢れているのである。
私は奥多摩への往復には「吉野街道」を通るので、青梅市街なんて何十年ぶりに来たのであるが、
こんな事になっているとは知らなかった。
何やら市内に日本で最後の現役映画看板師が在住していて、1993(平成5)年頃から町興しのために
これらの看板を描いたそうである。
建築物もレトロな雰囲気の物が多数あり、この映画看板も含めてなかなか面白い街だ。
次回は自転車を留めてじっくり徒歩で散策したいと思った。

さて、目的の「七福神めぐり」であるが、まずは一番離れた場所にある聞修院(寿老人)に向かう。
お参り後、早々とここからすぐそばの、昼食場所であるパン工房「木の葉」に行く。
何故早々になったか?と言うと駐車場案内係の人が通りまで出て案内を開始している姿を発見したのだ。
ここは、昨年テレビで紹介されてから凄いことになっており、ピーク時は80台近くの車が並んだそうだ。
やはりテレビの力ってすごいよな、と感心する。

R0012840-s.jpg
大人気のパン工房「木の葉」
R0012844-s.jpg
三者三様のセットメニューをオーダー

判断良く、11時半頃受付をしたので10分程の待ちで入店出来た。
私は一応ダイエットをしている事になっており、肉系を避けて「スープセット」¥600+紅茶¥380。
私はパンの味とか判らないのでナンですが、この店の大きな売りは追加のパン無料食べ放題!
いや、本当の売りは違う所にあるとは思うが、これは私の素直な感想ですw
ついでに飲み物もお代わり自由だっ!
ギャル曽根みたいな人や、食べ盛りの子供ばかり来たらどうするんだろうか?と少し心配になる。

食事をしながらだと当然食い物の話しになるのだが、師匠とchicoryn嬢のグルメ話題に付いて行けませんw
よく思うのだが、グルメになる人と、私のように感心が無い人との間には何か決定的なDNAの差があるんだろうか?

私には弟がいるのだが、これがまたグルメと言うか食通で味には滅法うるさい。で、私はその正反対。
子供の時から成人するまで、全く同じ物を食べて育ったはずだが、どこで差が付いたのかな?不思議な話しだ。
ただ、一つ言えるのは、私はストライクゾーンがえらく広いので、私がまずい!と言ったら、
それは本当に万人にとってもまずい物なのである
逆に私がうまい!と言っても万人にとってそうとは限らない、と言う面もあるw

食後に何故か、本日唯一の小曾木街道の坂を登ってw再度青梅市外へ。
途中、廃屋探検隊的に興味が引かれる「旧稲葉家住宅」に立ち寄る。
稲葉家は、江戸時代に青梅宿の町年寄を務めた豪商だったらしい。

R0012849-s.jpg
私的にすごい!と思った鏡面のように磨き上げられた廊下←感じる所が何か変?w

その後、6箇所の各七福神様にお参りして無事「七福神めぐり」は終了。

今日は久々に平和な自転車活動でありました^^
師匠、chicoryn嬢、お付き合いありがとうございました。また宜しくお願いしますm(_ _)m

走行距離 76km
獲得標高 441m



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

廊下の写真は、衝撃的な美しさですね!
自分の目で是非とも拝見したいものです。

木の葉は、一度店の前を通りましたが、混んでいたのでパスしました。
皆さんが忘れた頃に行こうかな~

No title

あけましておめでとうございます。
今年も早々と走っておられますね。
また奥武蔵界隈でよろしくお願いいたします

No title

ジークさん

青梅市街でゆっくりと中を見学したのはここだけですが、他にも色々と興味が引かれる
写題がありました。こういうローカルで歴史の古い街は面白いです。

「木の葉」は今しばらくの間混雑しそうな感じでした。
ほとぼりが醒めてからの方がゆっくり出来ていいかも^^

No title

らんたさん

遅ればせながら、明けましておめでとうございますm(_ _)m

本年は春になったら奥武蔵中心で行こう、と思っておりますので
是非、可愛がりお願いします!^^

こんにちは

青梅の映画の看板、一人の絵師の物だったんですか~!
「よくこれだけ集めて来れたなぁ」と感心してました(^^;
青梅は雰囲気のいい場所やお店も多いので
のんびり町の散策も面白いでしょうね。

木の葉パン、テレビで紹介されたですか。
どうりで混んでるし、警備員もいるし売り切れも多かったわけだ。
次は落ち着いた頃にまた行ってみます(^^)

No title

私も旧稲葉邸で真っ先に目が行ったのは、よく手入れされた廊下でした。
土間に入った瞬間にぴかぴかに磨かれた板張りに反射した光が目に飛び込んできて。。
すごいなって思いました。
あの女性が毎日手をかけてるんでしょう。隅々まで見ていってほしいオーラが出てました。


>私はストライクゾーンがえらく広いので、私がまずい!と言ったら、
>それは本当に万人にとってもまずい物なのである
>逆に私がうまい!と言っても万人にとってそうとは限らない、と言う面もある

おなじく、ストライクゾーンが広いです。食べ物の好き嫌いもないし、なんでもおいしく食べます。
だから痩せられないってことなんだけど。。
ただ本当に美味しいものは、すご~く美味しく感じます。
んで、そういう美味しいものに出会うととても幸せな気分になります。
いろんなことが頭に浮かんべきます。

結局は『食いしん坊』ってことですね。

お達者度が増してますが見捨てないで~。また一緒に走りましょう。





No title

く~ま~さん

そうなんですよ。看板は最後の映画看板師の方が一人で全部描いたらしいです。
当たり前ですが、映画看板は上塗りが基本なので実物はほとんど現存していないとのこと。
需要はゼロなので後継者も居ないでしょうし・・・。意外と貴重品ですよね。

「木の葉」は昨年10月に日テレで放送されたそうで、直後はあの狭い道に路肩駐車の車が溢れ、
大渋滞でどうにもならなくなり、警備員が配備されたそうです。

ともあれ、本年はどこか一緒に連れて行って下さいまし^^

No title

chicorynさん

先日はお疲れ様でした!
あっ、そうでした!チコさんもあの廊下の綺麗さに素早く反応してましたよね^^
案内の女性の言葉から、この建物への愛情が伝わって来て、
ひょっとして稲葉家の末裔かと思ってしまいました。

私も『食いしん坊』&胃腸吸収力抜群健康体なので、なかなか痩せません;;
チコさん位に色々と根性があれば、私もすんなり減量出来るのでしょうが、なかなか難しい><

お達者度はチコさんに負けませんがw、クライミング度はせめてチコさんの半分に追いつきたい!
と思う今日此の頃であります^^

お付き合いありがと

お疲れ様でした。
七福神より青梅のレトロ感のほうが印象的でしたね。
近すぎてあまり近寄らない?けど、たまには近場も探検しないと掘り出し物を見落としてますね。
お山にいけない冬場は、探検隊には大事な時間になりそうですね。
またお付き合いください。

No title

ひととせ師匠

毎度ナイスな企画、ありがとうございました!

近場は意外と行かない、と言うジンクスがありますね。
私も所沢市に移り住んで35年になりますが、狭山湖&多摩湖なんて
都合5~6回位しか見ていないw

ともあれ、本年も坂&廃屋へ色々と引き回しお願い致しますm(_ _)m
プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。