スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいおもちゃでGL

昨日はひととせ師匠と本年初のグリーンライン顔見世興行w
先日の山歩きの余韻で、まだふくらはぎの筋肉が痛いが大丈夫なのか?

さて、先日新しいおもちゃをゲットした。「カシオ EX-ZR10」がそれだ。
2年以上愛用していた「リコーGX100」であるが、望遠にすると丸い斑点(多分カビか汚れ)
のような物が写り込むのだ。
これは望遠にしたから気が付いたのであって、広角でも目がいい人だったら判っただろう。
私にはそれが判らなかった、という所が誠に情けない

リコーのサービスに持ち込んだ所、CCDのクリーニング(約¥9000)で済むかも知れないし、
最悪CCD交換(約¥20000)だと言う。2万円と言う価格は穏やかじゃない。
価格.comによれば、後継機種のGX200ですら¥29800で販売されているのだ。
CCD交換ならやりたくない。また、その見積もりが判るのが5月6日!それから修理だ。
サイクリングやハイキングにデジイチを持って行く気力は無い。
どちらにせよ、GWにコンデジが無いのだ。

で、前から気になっていた「カシオ EX-ZR10」をエコポイントで稼いだJCBお買い物券で購入。
このカメラ本当に面白い!私は写真は下手だが、カメラには一過言あるw
コンデジの場合、ニコンやキャノンははずれの無い安定した商品を作っているとは思う。
ただ、超へそ曲がりの私としては、それじゃ面白くないのだ。
リコーとかカシオとか、ある意味トンガッテいるメーカーが好きだ。
最近のカシオなんて、もうヤケクソとしか思えない独自の商品開発で、拍手喝采ものだw

まぁ、使ってみると色々とアラが目立ったがおもちゃとしては最高に面白い。
まずはお得意のハイスピードシャッター!高速連写とハイスピードムービーだ。
そしてHDR機能。コンデジにこれを搭載すること自体が脅威の試みだ。(需要があるのか?w)
最近可能な機種が多くなってきたが、フルハイビジョンムービーも撮れる!

ただ、私的に一番のこだわりは「上面にある左右の平行ストラップ通し」なのだ。
この形式は低価格コンデジでは「ペンタックスOptio I-10」(最近生産終了)とこの機種だけだ。
私は常々何と言われようが、「首からストラップを掛けて平行にならないカメラはダメ!」と思っている。

IMGP3486-s.jpg
小さいボディに機能てんこ盛り!楽しいおもちゃ「EX-ZR10」

で、折角フルハイビジョンムービーも撮れる事であるし、眠っていた携帯三脚をハンドルにくくり付けてみた。

IMGP3491-s.jpg
無理矢理眠っていた「TRAIPOD」をハンドルに巻き付けるw

さて、飯能で師匠と待ち合わせてまずは「東峠」へ。毎度きついっす
東吾野から阿寺、顔振峠へと坂道を登ります。あ・・・足が・・・痛い・・・orz

CIMG0084-s.jpg
顔振峠にて。「EX-ZR10」の機能の一つ、「スイングパノラマ」で

1年ぶりのGLを遡るが、東からはこんなにきつかったっけ?
クマの目撃情報もある傘杉峠を過ぎ、花立松ノ峠からお初の「林道猿岩線」を下ります。
次回、登坂のための下見である。きつそうだったら来ないし・・・w
少し下った所に展望ポイントがある。

CIMG0096-s.jpg
猿岩線下りにて。「EX-ZR10」の機能の一つ、「HDRアート」で

「HDR」は明暗差がある被写体に是非使いたい機能だが、「HDRアート」はネタですね

猿岩線は激坂と言う感じでは無いが、8~9%の坂がず~~~っと続き、足に悪そうな坂だw
途中「黒山三滝」への表示があり、自転車を降りて向かうが、クリートシューズでは無理そうな坂が
出現し引き返す。君子危うきに近寄らずですな
その後、滝の入線を登って飯能にたどり着く。いや~お疲れ様でした。

さて、気合を入れて撮影したつもりの初のムービーであるが、全くダメだった
まず、何故かピントが合っていない。そして、決定的なのはハンドルに直接装着したのが祟ったのか
走った道が悪かったのか?画面の振動がひどくて見てはいられない(涙
音も風切り音が凄くてそのままではとても見ちゃいられない(涙

動画は難しいなぁ・・・、誰か教えて!

↓(ダメダメ動画;;)
猿岩線下り

とりあえずひどい風切り音を消して大好きなJEFFBECKを!wでも、著作権侵害?
しかし・・・ハンドルにカメラ直付けは無謀だったのか・・・
動画はこれまた奥が深いのである><

走行距離 101km
獲得標高 1383m



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日々カメラは進化しており、とても楽しめそうな機能がいっぱいですね!
動画はハンドルの振動がモロに出ているようですので、
スタイル的にはイマイチですが、メットの上はいかが(笑)
オートバイに乗る方が、ヘルメットに付けて走っているのをこの連休に見ましたよ。

BGMの著作権・・・これは気になりますよね。
一度、スライドショーにBGMを入れてUPしようと考えましたが、
結局、著作権が気になり止めてしました。

No title

ジークさん

ハンドル直付けで林道を走ると、やはり振動で全然ダメでした。
小型のアクションカメラをヘルメットに付ける人はいますが、
普通のコンデジをどうやってヘルメットに固定してました?すごい興味あります^^

いつも不思議に思うのですが、それっぽい感じの音が多いJEFF BECK、LED ZEPPELIN等の曲は、
TVのBGM、MCでしょっちゅう流れてます。
そういうのもみんな使用権とか支払っているのかなぁ?

No title

こんなふうに手軽に動画が撮れるなんて、昔じゃ考えられなかったですよね。
最初見た家庭用ビデオカメラは、VHSテープそのまま入れて肩に担ぐようなのでした(笑)
これで振動がもうちょっと押さえられれば、いい感じに使えそうですね。

No title

サトシさん

本当にデジイチにしてもコンデジにしても動画が撮れないカメラって今あるの?って感じですね。
私は動画には全く詳しくないので判りませんが、このままでは今までのビデオカメラの
生き残る道はあるのだろうか?と思ってしまいます。

最近は手ぶれ軽減機能も大分進化して来ましたが、こういう振動も除去出来たら最高ですねw

遅ればせながら

ようやくブログを見ました。
お世話になりました。
新兵器は使いこなすまでが大変ですね。
だけどしばらくは楽しめそうですね。

No title

ひととせ師匠

新兵器はねぇw
何と言っても説明書を読むのがおっくうで・・・。
最近のデジタル製品の説明書は異常に分厚いし、とにかく字が小さくてorz
プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。