スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドナーが来た!

本日、FINALLOWメンバーのく~ま~さんから譲っていただく約束をしていた、ランドナー(丸石エンペラー)を
受け取りに行って来た。

く~ま~さんは「皇帝の熊」と言うブログもやっていて、エンペラー乗りとして有名な人なのだが、
ブログ名は変えるのかな?w
く~ま~さんの事を少し書くと、エンペラーを手放す代わりに新しくオーダーしたフレームは、
シートサイズ600mmだと言う。ここまで大きなサイズのランドナーは販売されておらず、
オーダーと言うシステムは本来く~ま~さんのような人達のためにあるのかも知れない。
く~ま~さんの身長は私より3cm程高いだけだが、多分足の長さは10cm位長い
完全な欧米人体型で私等は羨ましい限りであるが、ご本人としてはフレームサイズ等で悩みもあるらしい^^

さて、ランドナーであるが、自転車を再開して約1年半、原点回帰の意味でも猛烈に欲しくなっていた所だった。
我々が高校、大学と自転車活動をしていた時は、皆がランドナーで、ロードレーサーと言うのは
特別な競技関係のアイテムだと思っていた。
サイクリングを始めた当初は、BSの(機種は忘れた)スポーツ車を改造して走っていた。
高校時代はなにせお金が無く、オーダーなんて夢の話しだったので、志木市役所前のヨシダサイクルに
吊るしてあったクロモリランドナーフレームをようやく購入し、部品を組み付けて行った。
(ヨシダサイクルも今やY‘Sロードだ、よく頑張りましたw)
部品集めは結構苦労したが、その輪行仕様ランドナーで色々な所に旅をして、思い出も一杯作る事が出来た。

14-s.jpg
10~20代、こいつと何万キロ走っただろうか?

今回譲っていただいたのは、まだ日本で作られていた頃のエンペラーだ。
各部品も現在売られている物よりもちゃんとした物が付いている。
マッドガードやサドル等、多分私が気になっただろう部分は既にく~ま~さんが交換されている
貫禄十分のフロントバックとサドルバックも頂いた。
く~ま~さん!本当にありがとうございました。大切に、と言うかバンバン使わせていただきます

CIMG0251-s.jpgCIMG0252-s.jpg
やはりランドナーはいいなぁ!このまま旅に行きたいぞ(笑

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どもども

今日は遠いところ、引き取りに来ていただきありがとうございました!
気に入って頂けたようで良かったっす。

早速ぺらぺらのブルックスはB17に交換されましたね(^^)
ランドナーでのブルックスはやはりサイドの革があった方がいいですよね。

じゃんじゃん乗り回してさらに貫禄を付けてやってくださいませ~(笑


「皇帝の熊」はタイトル考えるのも面倒なのでしばらくそのままの予定です~

では、今度ランドナーで遊びに行きましょう♪

No title

く~ま~さん

本当に欲しかったんですよ、ランドナー。
でも、意外とどこにも売って無いんですよね。
今のエンペラーは部品総取替えになりそうだし、DAVOSは万年品切れだし、
オ-ダーは高くなりそうだし・・・ジャストタイミングでした^^

> ブルックスはB17に交換されましたね

流石!すぐ判りましたね。いつかはランドナーと思って部品を揃えていたんです^^
ただ、あのブルックスはイイ感じに使い込まれていて、乗り心地最高だったので
BD-1に流用させていただきました。

今度是非、ランドナーでまったりサイクリングお願いします!^^

No title

ダークグリーンの水平なフレームは、美しい!

ランドナーは自転車生活の原点ですよね。

当時の私のランドナーは片倉のシルクで、ダークグリーンでした。
フロントバックは犬印の白、サドルはフジタ・・・

高校生でお金がなく、(今も無いが)中野の原サイクルでショーケース越しに
憧れのパーツを眺めていた事を思い出しました。

No title

ジークさん

我々世代に限らず、最近は若い人の中でも「クロモリ(=細い)ホリゾンタル」フレームが流行っているらしいです。
多分、美しさには「普遍的な何か」があるのかも知れませんね。

ジークさんの自転車について色の記憶は無いのですが、白い大きな犬印バッグははっきりと覚えてますよ^^
皆が緑か黒を選ぶ中、白はインパクトがありました。

No title

ロードバイクはもちろんよいのですが、あれにまたがるとどうしても無理をしてしまいますよね。近いうちにぜひご一緒しましょう。私のはギア比が高いので(それだけではないのですが)起伏の少ないコースでお願いします。

No title

ヴィオロンさん

本当にそうなんですよね^^
ロードバイクだと「速く走らなければ」、と言うような脅迫概念があって余裕が無いんですよね・・・。
ランドナーいいですよ!何だか心の余裕が生まれます。

あの芸術品スポルティフは今度また拝見したいですね。
その時は、ゆっくりまったりと風景を愛でながら走りましょう!^^




No title

いいランドナーが手に入りましたね。
ダークグリーンのフレームは私のと同じ感じの色ですね。
中学、高校の頃はホントにお金なくて、憧れのパーツたちを眺めてるだけでした。
今はある程度自由になるお金は手に入ったのですが、今度はあれだけ有り余っていた体力が枯渇しました(爆)
人生ってそんなもんですかね(^_^;)

今度ランドナーでのんびり走りに行きましょう。

No title

サトシさん

サトシ号のようにTAクランクにしたい所ですが、今はじっと我慢です^^

本当におっしゃる通り、人生うまく行かないようになってますよねw

学生時代は、体力と時間が有り余っているけどお金が無い
20~30代は、体力はあるけどお金と時間が無い
40~50代は、体力も時間もお金も無いw
60代~は、お金(人によるw)と時間はあるけど体力が全く無い

全部充実している時って無いのかな?w(まぁ、個人差あるでしょうけど・・・)

今度また是非まったりランドナーサイクリング行きましょう!
プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。