スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神秘的な石老山

昨日は登山部の活動で山登り。
集合場所の相模湖駅に到着すると、何故か1時間も前に到着したと言うひととせ部員が、
一人ぽつねんとベンチに座っている(笑

本日私は3週間ぶりの屋外運動で、なるべく緩いコースの「石老山」をオーダー。
バスで登山道入り口へ。実はこの山には様々な言い伝えが残っており、ルート途中にある
平安時代創建の「顕鏡寺」は、何でも恋に落ち都を捨ててこの山に隠れ住んだ宮人の子孫の建立だとか。
山全体が神々しい雰囲気に包まれており、所々に神秘的な巨石、奇石があり深山幽谷の世界だ。
R0010043-s.jpg
851年創建「顕鏡寺」にて

さて、今回は新兵器ダブルトレッキングポールを用意した。
ブラックダイアモンド社のディスタンスFLと言う新機種である。
今までは、下りの体重負荷分散用にT字型グリップのシングルポールを愛用していたが、
雑誌等で「ダブルポールの方がより効果がある」との事なので、試してみたくなった。
トレッキングポールの収納方法は、一般的に三脚の脚部のようにスライドして収縮する方式だが、
特殊な構造の折りたたみ方式である事がこの製品の最大の特徴だ。
長所は素材のせいか、この折りたたみ方式のせいか、大変軽量である事。
そして、セッティングが素早く出来る事。短所は収納した際の見た目の悪さか?
ただ、私の購入ポイントはまだあまり出回っていない事(笑
BD82210L1.jpg
ブラックダイアモンド社「ディスタンスFL」

そして、このダブルポールは効果抜群だった。
この山は結構岩が露出しており、登山道は階段状の部分が多く、それも1段の高低差が結構ある。
そんな時に両腕にも分散して負荷を掛けられるダブルポールはとにかく上りが楽!
車で言うと、雪の上り斜面を2WDから4WDに乗り換えた位の感覚差があるかも知れない。

気温はあまり高く無かったが湿度が高く、大汗をかいて694mの頂上へ。
残念ながら曇り空で展望は無かったが、晴れた日には丹沢山系と富士山が綺麗に見えるそうだ。
まだ10時だと言うのに頂上で早くもノンアルコールビールとおにぎりで昼食。
R0010049-s.jpg
石老山頂上

下りも岩山独特の急斜面と段差で気を使う。膝をガクガクさせながらプレジャーフォレスト側にようやく下山。
しかし、途中の神秘的で鬱蒼とした木々からは、何か霊気のような物を感じる。
R0010052-s.jpg
何かを感じる伝説の山の樹林帯

あまりに時間が早いので、毎度おなじみ高尾の健康ランド「フロッピィ」で汗を流してから立川で反省会。
途中から残念ながら今回参加出来なかったH部員の奥様Y子部員も合流したが、
何故か途中からAKB48の話題となり、乗せ上手で聞き上手のY子部員が、
「ともちんは何故4位から8位に順位を下げたのか?」等々コアな話題を振って来て、
大酔っ払いしていた私は色々と熱く語ってしまった(笑
ひととせ部員とH部員が思い切りドン引きして冷たい目で私を見ていたのは感じてましたが、
酔っ払っていたので大目に見て下さいm(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

テントのポールのようなたたみ方ですね。
ストックは効果があるだろうとは思っていますが、じじ&ばばの愛用者が多いので無理して使っていません(笑)

樹林の写真、良い感じです。

お疲れ

霧雨の中、激坂下り?お疲れ様でした。
あたしゃ、アンヨが痛いw
あんなにAKBに詳しいとは!気が若いのねぇ~>びっくり

No title

ジークさん

じじ&ばばはシングルストックの使用率が高いような気がしますw
逆にダブルストックは若者を中心に使われているような気がします。
ダブルストックの登山での使用を世の中に広めたのはあの「ラインホルト・メスナー」で、
どこぞのPVで見ましたがそれこそ両手(ポール)両足を駆使して、カモシカのようにように
ピョンピョン坂を登り下りしていて度肝を抜かれた事があります^^
まっ、あの真似は誰も出来ませんけどねw

No title

ひととせさん

歩行時間の短かさに対して充実した登山でしたw
やはり、一歩の高低差が激しいと上りにせよ下りにせよ足に来ますね^^

AKBについて一つ確認ですが、私は歳のわりには少し知識がある、
と言う程度で別にファンでは無いのでそこんとこよろしくw
プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。