スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひととせ氏のオフロードバイク

昨日はひととせ師匠と鋸山林道(大ダワ峠)に行って来た。
待ち合わせは多摩川の睦橋なのだが、自宅から片道約25キロある。
行きはいいとして、帰りの一番クソ暑い時間帯に平地を自動車と走る気は無い。
風張林道で撃沈した時も、勿論林道の坂道は苦しかったが、一番つらかったのは
炎天下の最後の25キロだったのだ。
という事で、福生の駐車場まで車デポ。←ヘタレw

さて、本日はひととせ師匠が新しく組んだシクロクロス、と言うかオフロード対応
32Cフラットロードを見せてもらうのも目的なのだ。
そこで私も最近全く乗っていないMTBで参加する。
師匠の自転車のベースは、私が30年ぶりに健康のために再び自転車でもやるかな、
と昨年の1月に購入した物なのだ。機種は「スペシャライズドTC-T」。
色々な経緯があり、ひととせ師匠の所にお嫁入りしたのだ。(実はお買い上げいただいた)

IMGP2045-s.jpg
1年8ヶ月前に購入時のスペシャライズドTC-T、ジャンルはシクロクロスかな?

CIMG0413-s.jpg
ひととせ師匠が手を入れたスペシャTC-T、元の機種が何だかもう判らんw

デフォと大きく違うのは、長いダートの下りに対応できるようフラットハンドルへ。
ブレーキはカンチより効きがいいVブレーキ(剛性アップ加工済み)
タイヤは32Cシクロ用。とりあえず残っている部品はフレームとリムだけ?w

鋸山林道に入ると、ヘタレな私はどうしてもどんどんギア比が軽くなって行き、
最終的にはインナー24T×アウター34Tとかいうとんでもない比率になってしまう。
これはMTB特有のもので、グリップ感が無いダートを走るためのギアなのだが、
舗装路をこれで走ると、ケイデンスを相当高くしないと全然前に進まない(笑)と言う結果となる。
エアも適当に入れて来たせいか、後輪の接地面が大きく抵抗感がハンパじゃない

低ギア比、低ケイデンス、低エア、の相乗効果によりまさに亀の如くのスピードで上る。
ただ、最近考え方を変えて「頑張らない」事にしたのでマイペースで行く。←完全自己中w

CIMG0402-s.jpg
神戸岩付近の橋、何やら怪しげなコスプレ撮影会が行われていたw

CIMG0409-s.jpg
木陰は気持ちいいほど

CIMG0414-s.jpg
ようやく大ダワ到着、標高約1000メートルは涼しく感じる

CIMG0415-s.jpg
下りのビューポイントにて

奥多摩に下るとモアッとする暑さ。たかだか500メートル差だけど、気温が上とは全然違う。
古里のセブンイレブンでガリガリ君休憩でもと立ち寄ったが、なんと!ガリガリ君全部売り切れ!
やるなぁ赤城乳業!この辺まで下がると、顔に感じる風は熱風!
その後、吉野街道、多摩CRを通ってデポ地へ。

師匠、毎度お待たせして申し訳ありませんでした。

しかし、MTBのぶっといブロックパターンタイヤで舗装路の全工程を走るのはえらく疲れる
いや、待てよ、これって足の鍛錬にはいいのかな?w

走行距離 78km
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回も涼しげな道ですね。
山登っててもそうですけど、風が抜けるところとそうでないところは大違いですね。
稜線でさわやかな風がサァーっと吹いてくると、生き返りますね。

No title

昔、走った鋸山林道は、行こう行こうと思いながら行けませんでした…

この自転車なら先般のダートも楽しめたかもね!

それで、コスプレの写真は?

お疲れ様でした

毎々お世話になりました。
峠では、外科医の暑さがうそのようにさわやかな風が吹いていましたね。
でも、本格的なMTBには少し厳しかったかな>ごめん
アタシのBikeくらいの半端さ?があっていたかも。

油圧ブレーキの引きの軽さは"目からウロコ”だったw

No title

サトシさん

大ダワ頂上も風が吹き抜けていて気持ち良かったですよ~^^
標高1000メートル位だと下界との気温差を体感できてGOODです。
ただ、登るのは大変ですが・・・orz

No title

ジークさん

鋸山林道は一般車道では無いので勾配はきついですが、
風張林道よりはよっぽどましですw

ひととせさんのNEW自転車は、締まったダート林道を走るのにちょうどいい感じでした。

コスプレ撮影は、ちょうど神戸岩下の渓流バッグでやっていましたが、
良く見たらモデルがアニメ衣装を着た男で、一挙に白けて無視しましたw

No title

ひととせ師匠

いつもお待たせしてすいません^^
まぁ、MTB自体は舗装路を走る自転車じゃありませんが、
結局私の脚力の無さが原因ですねw
色々と言い訳してますが、ご勘弁を!^^


プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。