スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダートを押して・・・(御岳山林道編)

昨日は、以前よりひととせ師匠と計画していた秩父の御岳山林道に行って来た。
このコースも「GAMIさん」のHPにアップされていたコースであるが、
その後の台風12号、直近の15号の被害で周辺の林道がことごとく通行止めになる中、
そんな山奥のダート林道が走れるのか?と言う不安もあったが、ダメならわらじ丼でも食べて帰ろう、
というゆるい気持ちで決行する。

西武秩父まで輪行。今回は本格的ダート林道なので、ひととせ師匠はフラットシクロクロス、
私はチャージダスター(MTB)で参加。
個人的には140号線を自転車で走るのはあまり気持ち良くないので、そのまま三峰口まで輪行?
と思ったが、師匠は当然のように走る、と言うw
まぁ、西武秩父駅から秩父鉄道のお花畑駅までは自転車を担いで歩くのには微妙な距離であるが・・・。
しかし、今回は事前に師匠が140号線裏道マップをガーミンにインプットしてくれていて、
多分140号線は数百メートル走っただけで、のどかな里道を紡いで三峰口まで走る事が出来た。

CIMG0508-s.jpg
三峰口駅に到着。裏手にあるミニ鉄道博物展示場を見学

この駅の裏手には、SL転車台とかその昔活躍していた電気機関車、電車、貨物車等が展示されており
鉄ちゃん的には面白い所だ。
その後、県道37号線を小鹿野方面に向かい、約3キロで「御岳山林道」入口に到着。

CIMG0523-s.jpg
御岳山林道入口

この林道、入りの勾配がきつく、そして先日の台風の影響で路面がえらく荒れている。
水が流れた跡だろうか?深い窪みが所々にあり、大きな石もゴロゴロしている。

途中、窪みに前輪をとられて立ち往生した際に、右側に倒れたのに何故かいつのも癖で
左足のSPDを解除するというミスをやらかし、そのまま転倒してしこたま肩を石に打ちつける
師匠もSPDのバネがきつ過ぎて解除が遅れて1回転倒したようだ。

CIMG0526-s.jpg
台風の影響で路面状況は大変悪い

あまりに荒れていてこけそうな所は諦めて押すことに決定!w
しかし、こうやってハァハァ言いながら砂利道を押すのもまた楽しいのである
そう言えば以前にもこんな記憶が・・・。そうだ!何だか何十年前の高校生時代を思い出すのだ。
途中で師匠とそんな話しになり「お互い40年経ってもやってる事変わんないねぇ」と苦笑する
そんなこんなで途中のトンネルまで4分の1以上は押したかな?

CIMG0531-s.jpg
立派な御岳山トンネルに到着

ここがピークかと思ったが、ピークまではまだ標高で70メートル位ある。
しかし、このトンネルを過ぎると勾配が緩くなって走りやすい。
そしてトンネルを抜けると大展望が!素晴らしい!!

CIMG0538-s.jpg
秩父方面の展望が素晴らしいピーク付近

実は、三峰口駅から遥か上の山の中に少しだけ見えた白いガードレール。
「まさか御岳山林道ってあそこじゃないよね?」と言っていたが、まさにそこから下界を見下ろす。
気分最高だ!

下りでこけると立ちゴケとは違う次元のダメ-ジを受けるので、慎重に下ります。
ブレーキを引く指が痺れて来た頃にようやく140号線に出て西武秩父駅に戻る。
天気も最高で、久々のダート走行を十分に楽しめました。
師匠、お付き合いありがとうございました。またダートも宜しくです^^

走行距離 52km
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素晴らしい天気!
苦労の後に待っている素晴らしい感動の景色!
やっぱり山をやる理由はこれにつきますよね。
清々しさの伝わってくる写真ですね。

No title

久しぶりの日記、楽しませていただきました。
もう少し日記をを読む機会を増やしていただけるとうれしいのですが。

ダートですか・・・
わざわざ走りたいという心境には程遠いです。

景色がよいのは魅力ですが・・・

お疲れ様

お世話になりました。

サイコーの天気に恵まれて、気持ちのよい一日でしたね。

久しぶりの未舗装林道は楽しかったなぁ~

アタシの自転車活動の原点だからね、

次回はバーナーを持ってのんびり行きましょう。

お世話になりました。

いい眺め

気持ちのよさそうな林道ですねー
火器持ってお山でご飯もいいなぁ

私ならかなり押しが入りそうです ^^;

No title

サトシさん

天気は最高、気温も湿度も気持ちいい!
これからの1ヶ月位が自転車活動にとって一番いい季節なのかも知れませんね。
そして、苦労して登って景色がいいと疲れも吹き飛びます^^

No title

kikyoさん

暑いとイマイチ走りに行こう、と言うアドレナリンが出ませんw
速さとか走行距離の問題は置いといて、行動力だけでもを
kikyoさんを見習わなければ、と思っております^^

その昔自転車を始めた時は「サイクリング=林道=ダート」と言う図式があって
その部分がいつも頭の片隅に残っています^^

No title

ひととせ師匠

色々とお世話になりました。
私的には140線を通らずに三峰口まで行くルートも良かったw
そして、やはりダート走行は楽しい!!

次回は景色がいい高原で美味しい紅茶でも飲みましょう^^

No title

テツ会長

実はロードでひたすら走るよりも、ふらふら林道を彷徨って
途中でお茶をするまったりツーリングが好きです^^

あっ、我々も荒れた所はひたすら押してましたよ^^
でも、ダートの押しはそれなりにまた楽しいんですw

No title

素晴らしい景色ですね!

そして、ダート。
確かに昔は毎回ダートを押した記憶があります。
時にはガードレールもない峠を。

それだけ自転車は素敵だから、同じことをしているのでしょうね(笑)

No title

ジークさん

古い人間なので「自転車で行く峠=ダート」と言う図式が
頭の中にすり込まれているので困りますw

今でもダートを走っていると「自然の中に飛び込んだ感」があって最高ですね^^
プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。