スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行楽シーズンの高尾山

昨日は、ハイキング部の活動で「影信山~城山~高尾山」と言うルート。
メンバーはひととせ氏、H夫妻、I氏と私の計5名。

実は前回の中級コースの「川苔山」が意外にきつく(特に下り)、部員各位に
下り道恐怖症が芽生えてしまったようだ
で今回、下りはケーブルカーとかロープーウェイで楽して下れる場所へ、という事で
お手軽に行けるこのコースに決定!

高尾駅からタクシーで小仏峠下まで行き、南東尾根から影信山を目指す。
一汗かいて1時間程で影信山到着。
前回よりも楽に感じたが、やはりコースを知っている、と言うのはペース配分やら何やらで
安心感が違うのだろう。
自転車でも初めてのコースよりも何回目かのコースの方が走りやすい。

CIMG0604-s.jpg
いつも素晴らしい影信山

この山の何がイイって、極上の展望やら色々とありますが、「あまり人がいない!」と言う点だ。
高尾山から2時間程の2つ目のピークだが、ふらっと出掛けて来る人には時間的にも
体力的にも厳しいのか、多分高尾山を訪れる人数の100分の1以下だと思う。
ここからは高尾山に向かって縦走路を下ります。

CIMG0612a-s.jpg
小仏峠にて。タヌキに守られたこんな立派な峠の碑があるの知らなかった

さて、小仏峠で一人の青年が地味に地図を売っていた。
私は地図が大好きなので見に行くと「高尾・陣馬、登山詳細図」と言うもので、
何と!12,500分の1と言うすごい登山地図。

R0010306-s.jpg R0010309-s.jpg
見ているだけで楽しい12,500分の1登山詳細図

ハイキングや登山でよく使われている昭文社の山と高原地図は、大体50,000分の1なので、
それと比べて感動的に細かい地図だ。
紙の大きさも山と高原地図が長辺79cmに対して100cmもある。紙質も防水素材で立派。
また、一般的に登山地図にはコースタイムが表示されているが、この地図は距離が記されている。
説明書きを見ると、全コースを実際に走破しロードメジャー(回転式距離計)で測定した、と言う。
すげ~~!何たる執念!(笑)
これが昭文社の登山地図には記載されていない「C級直登コース」なんてのもあって、思わず購入する。
¥700也(現地販売なので消費税サービスだとかw)。でもその手間に比較するとすごく安い!!
有名アウトドアショップではもう販売されているらしい。是非、エリアを増やしてもらいたいものだ。

ただ、気の弱そうないかにも山屋さん風の青年が細々と売っていたのだが、何故小仏峠なのか?w
高尾山辺りで売ったら30分で売り切れると思うのだが

CIMG0613a-s.jpg
城山でお昼

城山で早めのお昼ご飯。いつのようにノンアルコールビールで乾杯して、カップラーメン。
この辺りから徐々に人が多くなってくる。

CIMG0615-s.jpg CIMG0616-s.jpg
先日の台風での倒木。その下をくぐり抜けたり乗り越えたりして進みます

そして高尾山に到着するとものすごい光景!!

CIMG0617-s.jpg
CIMG0621-s.jpg
ラッシュアワー並みの高尾山 オーマイガッ!

くそ暑い時期を過ぎ、いよいよ行楽シーズン開幕だ!
でも3連休の中日とは言え、流石ギネスブックに認定された世界一の登山者数を誇る山だ。
周辺の方から聞こえて来た話では、山頂付近ではトイレ待ちが30分だそうだ。
しかし、ピークはこれから来月にかけての紅葉シーズンだと言う。
しばらくは高尾山には近づかないのが吉、と出ました

みなさん、お付き合いありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うひゃ~! 最後の人、人、人・・・。
どこのイベント会場でしょうか?(^_^;)

それに引き換え、影信山の静けさが素晴らしいですね。
山はこうでなきゃ~。

同じ頃、西沢渓谷の奥の奥で、モリリさんらと3人で廃探してました。
こちらは自分らの他には誰一人いない静かなコース・・・って当たり前ですよね。
そんなとこいくアホは私らくらいです。

No title

サトシさん

山登りって非日常を求めている部分もあるので(私の場合は、ですが)、山に行ってまで
ラッシュアワー並みの混雑に遭遇するのは本意ではありませんですw
行列待ちも色々とありますが、薬王院辺りでは上に進むのもままならない感じで、
黙々とじっと待っている人々にちょっと異常すら感じました。

サトシさんのブログ見ました。あれは西沢渓谷ですらないですよね?w
あんな所は誰も行きませんって!w

No title

そこは、原宿ですか~
信じ難い光景に言葉がありませんよ。

ん~お山に行きたい。

お疲れ様でした

お世話になりました。
何度登っても影信山の眺望はいいですね。
ケーブルカーで下りれるのは助かるけど、あの人ごみには参りました。

お手軽登山またお願いします。

No title

ジークさん

本当に原宿並みでしたよw
このシーズンは、山も行き場所を考えなくてはいけません。
まぁ、年間260万人も訪れる高尾山は特別なんでしょうけどね^^

No title

ひととせ師匠

影信山は人気の高尾山と陣馬山に挟まれて、意外と穴場なんですよね。
高尾山を避けるエスケープルートで小仏峠から相模湖への緩い下り道もあります^^

また、のんびりハイキング宜しくお願いします。

すれ違っていたかもです

お邪魔致します
やじばば と申します

私共もこの日 高尾山へ出向いておりました
なにせ初高尾山で ようすも解らず とにかく人の多さに圧倒されて帰ってまいりました
この日の人出を考えると 紅葉のピーク時の週末は恐ろしいことになるんでしょうね~~

高尾山は色んなルートがあるようですので 又 人の少なそうな時期に
再チャレンジしたいと思いました

お世話になりました。

先日、小仏峠では大変お世話になりました。

ブログでもご紹介頂いて、大変光栄です。

また、地図に関するご指摘等ございましたら、ご連絡下さい。

当方もブログを始めましたので、宜しければご覧ください。


http://mordred1114.blog.fc2.com/


また山でお会いした時は宜しくお願いいたします。


失礼致します。



No title

やじばばさん

お久ぶりです^^なんと!ニアミスでしたね。
でも、あの人ごみではすれ違っても発見するのは困難でしたねw

ハイキングも再開してから1年半位で、高尾山は4回目ですが(いつも土日しか行ってない)、
あんなに混んでいるのは初めてでした。
やはりシーズン的な事も関係していると思います。

No title

登山詳細図世話人さん

おっ!おおっ~!w
つたないブログを見て頂いてありがとうございます。

家に帰ってからじっくり見ましたが、本当にすごい地図で感激ものです^^
全コース踏査、という事でご苦労も多いと思いますが、
是非他エリアの地図も期待しております。影ながら応援しております。
プロフィール

K田

Author:K田
オーバーフィフティおやじの自転車関係を
メインとしたたわ言です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。